*

[NBA] ペニー・ハーダウェイがオーランド・マジック殿堂入り!

公開日: : 最終更新日:2017/01/25 スポーツ ,



2017年1月20日、オーランド・マジックのホームゲームの際に、元NBAスターのアンファニー・”ペニー”・ハーダウェイがオーランド・マジックの殿堂入りを果たし、そのセレモニーが行われた。

おじさんNBAファンにはとても懐かしい、憧れの選手。例外なく僕自身も大ファンだったので、このようにして彼のレガシーが次の世代に語り継がれていくのはとても嬉しい。



ペニー・ハーダウェイは、1993年NBAドラフトで、GSウォーリアーズから全体第3位で指名された後、その日のうちにオーランド・マジックにトレードされた。その後、マジックでは6年間を過ごし、オールスター選出4回、オールNBAファーストチーム2回の活躍を果たす。

マジックは、ペニーを獲得する前年にシャキール・”シャック”・オニールを獲得。ペニー入団2年目には、マイケル・ジョーダン率いるブルズを破りNBAファイナルに進出。まさにリーグを代表するコンビとなった。

彼の6年間の功績をたたえ、マジックは殿堂入りを発表。アリーナには古くからのファンが多く詰め掛けたという。



スポンサードリンク


シャックが最も信頼したガード

コービー・ブライアント、ドウェイン・ウェイドといった時代を代表するガードとコンビを組みNBAチャンピオンに輝いたシャキール・オニールが、かつて最も信頼できるガードはペニーだったと語ったことからも、全盛期のペニーがいかに素晴らしいプレイヤーだったかがわかる。

ペニーがまだ大学生の頃、映画「ブルーチップス」の撮影現場でペニーとシャックは出会っている。
その当時、ペニーが既にメンフィス州立大で注目されていることは知らなかったシャックは、オフェンスの度に、手をあげると1ミリと狂わずにほしいところにボールを供給してくれるこの若者が何者かと思い、周りの人間に、あのガードは誰だ、と聞いた、と後日語っている。
メンフィス州立大のペニー・ハーダウェイを知らないのか、と周りの人間に教えられたシャックはマジックのフロントオフィスに電話し、次のドラフトでペニーを指名してくれ、と直談判したとのこと。念願叶ってその後二人はマジックで素晴らしいコンビとなる。

また二人は、グラント・ヒルらとともにリーグ入りする前の大学生時代、マイケル・ジョーダン、マジック・ジョンソン、ラリー・バードを要したドリームチームIの練習相手としても招集されており、その際にドリームチームが彼らの大学生チーム相手にぼろ負けしたのは今も語り草になっている。


バスケットボールIQの高いオールラウンダー

ペニーは、今シーズンNBAを席巻しているトリプルダブルの名手、ラッセル・ウェストブルックのようなオールラウンダーで、特にそのパスセンスがずば抜けていた。当時は身体能力の高いマジック・ジョンソン、と言われ、コート・ビジョンとボールハンドリングに長けた選手だった。

次から次へと相手チームのセンターの上からダンクを決めるし、速攻から美しいアリウープパスやノールックパスを出せる。

ハーフコートオフェンスでは自分より小さな相手をポストアップしてからの流れるようなフットワークとダブルクラッチで得点を取れる。

特にオフェンス面では、あらゆることができるにもかかわらず、謙虚でチームメイトを立てることができた彼は、シャックが唯一共存できたスターと行っても過言ではない。だからこそ、リーグ入りして2年でチームをNBAファイナルまで導く原動力となれたのだろう。



当時のNBAファンは皆あのマジックがマイケル・ジョーダン後のリーグを牽引していくものと信じて疑わなかった。

しかし、その夢はシャックの退団やペニーの度重なる膝の怪我によって絶たれてしまった。ペニーはその後チームを転々とし、その高いバスケットボールIQでチームに貢献したが、膝の怪我によって失われた爆発力は回復することなく、ファンが本当に望んだ伝説的なキャリアは夢のままで終わってしまった。

1月20日のセレモニーでは、マジックはバックスと対戦。バックスの監督でペニーがフェニックス・サンズ自体にバックコートでコンビを組んだ同世代のスター、ジェイソン・キッドもペニーを讃えた。この時代のNBAファンとしてはもうたまらない組み合わせ。

マジックで活躍した時代から既に20年が経ち、今もなおここまで愛されているペニー。今回このように球団としてその活躍を讃えたのは本当に粋だと思う。

ペニー本当におめでとう!!

きょうはここまで。

No.2013 2017.01.24


style="display:inline-block;width:336px;height:280px"
data-ad-client="ca-pub-4210636571126027"
data-ad-slot="3949766933">

スポンサードリンク

track feed Peanut Butter and Jelly

関連記事

[バスケ] Youtubeが育てる次世代アスリートたち

NHKで東京都の中学校に元NBA選手マグジー・ボーグスさんが現れて、一週間コーチを務める番組

記事を読む

精神的葛藤にことごとく打ち勝つからこそ「走る」ことはこんなにも楽しい – 日刊わっと 1349

2015年1月20日(火) 仕事終わりに部屋で少し休んでからジムに向かう。昨日も走ったけれど、

記事を読む

神と呼ばれたバスケットボール選手 – 日刊わっと 1394

2015年3月6日(金) 2015年2月、NBAブルックリンネッツとマイアミヒートとの

記事を読む

[オリンピック] いまさら聞けない!男子バスケ『ドリームチーム』の見どころ!

photo credit: Makena G via photo pin cc[/caption]

記事を読む

[バスケ] March Madness決勝にバスケの新時代を見る

アメリカ大学バスケットボールの全国トーナメント、通称March Madness(3月の狂気)

記事を読む

[NBA] ステフ・カリーという次世代スターアスリート

GSウォーリーアーズの開幕連勝記録は24で止まってしまったものの、今シーズンのステフ・カリーの成

記事を読む

[NBA] ファイナルダンスはあるのか、レイカーズがブラウン監督を解雇

photo credit: Keith Allison via photopin cc[/capt

記事を読む

[バスケ] アメリカでは通用しない和製バスケフレーズが意外にある

photo credit: StuSeeger via photopin cc[/caption]

記事を読む

[NBA] 新生レイカーズが面白い!期待以上のスタートにテンションが上がる!

伝説のスター、コービーブライアント引退後の初シーズン。ここまで我がLAレイカーズは4勝4敗で

記事を読む

[Sports] まだある!続バスケに関わる英語フレーズ10個紹介します

photo credit: cliff1066™ via photopin cc[/caption

記事を読む

track feed Peanut Butter and Jelly

Comment

  1. より:

    通りすがりのものです。
    本当に本当にペニーが大好きでした!!
    今でも私のNO.1プレイヤーで、
    いつまでたっても憧れの王子様です^^

    • WatOno より:

      薫さん
      コメントありがとうございます。ペニー本当にかっこよかったですよね!王子様っていうのもわかります。
      今でもたまにテレビ番組に出てきますが、相変わらずあのシャイそうな話し方がペニーらしくていいですね。笑

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です



  • わっと ( @WatOno )
    東京生まれ 南カリフォルニア育ち、神戸、伊豆を経て現在は東京在住。84年生まれ/輸入コーディネーター。

    詳しく
no image
[Music] 2017年版 終わりゆく夏を惜しんで10曲

夏は終わって言って悲しい限り。 その終わりゆく夏を惜しんで聴きた

no image
バスケットボール界の亀田兄弟?ロンゾ・ボールとレイカーズの未来

ここ最近ひたすらバスケットボール界を賑わしている、ボール兄弟。

no image
33歳になりました。

今年も誕生日がやってきてまた1つ歳をとった。意外だったけどロシアで過ご

no image
[Music] 2017年上半期にグッときた俺的名曲10選

今年の上半期に聴いた好きな曲をあげてきます。 リストを作

[NBA] マジック・ジョンソンが球団社長に就任。LAレイカーズに今何が起こっているのか。

シーズン序盤の好調な出だしもどこへやら。とうとう西カンファレン

→もっと見る

track feed Peanut Butter and Jelly
PAGE TOP ↑