*

[バスケ] Slam Magazineに見る複数の要素組み合わせるメディア戦略

公開日: : コラム, スポーツ, ブログ



日本でバスケットボールの雑誌といったら、国内バスケットボールの話題を中心に取り扱っている月刊バスケットボールとNBAを中心に取り扱うHOOPSが思い浮かぶ。どちらもバスケットボールファンには馴染深い雑誌だ。





バスケットボールの特化したメディアを作る中で、それぞれ国内、NBAというテーマを掛け合わせてそれぞれの路線で差別化を図っている。

スポンサードリンク


バスケットボール×ヒップホップという考え方

ではアメリカはどうか。バスケットボールの国アメリカにも山ほどバスケットボールに関する雑誌がある。

その中でも若者に人気な雑誌が、SLAM MAGAZINEだ。SLAM MAGAZINEが他紙と圧倒的に違う点は、バスケットボール×ヒップホップという個性の打ち出し方だ。



バスケットボールというスポーツとヒップホップというカルチャー・ライフスタイルをうまく融合して提示することによって、国内でも屈指のバスケットボールメディアとして認知されている。

ライフスタイルとしての親和性

ヒップホップカルチャー発祥の地であるニューヨーク、そして同じニューヨークで人気のストリートスポーツであるバスケットボール、このふたつを組み合わせることは自然なことだ。

SLAM MAGAZINEは、音楽、ファッションなどを絡めながらバスケットボールというスポーツをプロからアマチュアまでカバーしている。NBA選手とともに、注目の中学生選手が特集されることも珍しくない。

これは、Jordanブランド主催、南カリフォルニアの高校生オールスターたちによるイベントの映像。


いかにバスケットボールとヒップホップファッションが融合しているかがわかる。

複数のものを組み合わせることでユニークになる

SLAMの戦略はとてもわかりやすい。ヒップホップカルチャーとバスケットボールを愛する若者層を取り込む。

コンテンツを作る際に、バスケットボール特集、では競合が多いが、バスケットボール×ヒップホップとなると競合は減る。

しかも、その二つの要素はもともと親和性が高く、ファン層が近いので親しまれやすい。

メディアができた当初はずいぶんとエッジの効いた雑誌だという印象だったが、今ではすっかりメジャーになってしまった。

コンテンツに個性を持たせるためには、一点突破をはかるという手段もあるが、これまでに全くないものを作り出すことは難しい。

それよりもミックス&マッチをして、自分にある複数の要素をかけあわせることで新境地を開拓することのほうが可能性は高いのかもしれない。

きょうはここまで。

No.1648 2016.01.27


style="display:inline-block;width:336px;height:280px"
data-ad-client="ca-pub-4210636571126027"
data-ad-slot="3949766933">

スポンサードリンク

track feed Peanut Butter and Jelly

関連記事

[ブログ] 継続するために書ききるブログ体力をつける

photo credit: istolethetv via photopin cc[/captio

記事を読む

[ #ブロネク ] 自分がブログに何を求めているかを考えればブログとの付き合い方も見えてくる

ひとのブログはわりと読んでます、わっと(@WatOno)です。どーも。 今回のブロ

記事を読む

[Sports] 京都から東京までを駆け抜けるPumaのIGNITE YOUR CITY

Pumaのランニングギア広告の一環として、Youtubeに公開されているIGNITE YOU

記事を読む

[Life] 理想のお客様に自分がなること

引っ越しが迫っており、いろんな業者さんに会う機会がある。 不動産屋さん、引っ越し業者さ

記事を読む

[英語] リスニング力を鍛えるなら好きなテーマのポッドキャストを聴くべき

通勤の時間中はだいたいポッドキャストを聞いている。日本語のものも聞くけど、日々更新される英語

記事を読む

[NBA] ステフ・カリーという次世代スターアスリート

GSウォーリーアーズの開幕連勝記録は24で止まってしまったものの、今シーズンのステフ・カリーの成

記事を読む

[バスケ] 2016年4月13日コービー引退!Mamba Dayはもうすぐ!

20年目のシーズン。 LAレイカーズのスーパースター、コービーブライアントの引退まであ

記事を読む

[旅] 台湾で出会った「顔」まとめ

ずいぶん前のことのようですが、台湾旅行いってましたわっと(@WatOno)です。どーも。

記事を読む

[ライフログ] 多忙すぎるときこそ無理してでもログを残すべき理由

photo credit: Pink Sherbet Photography via photop

記事を読む

[ブログ] このブログの2015年を象徴する記事いくつか

2012年にドメインを取得してから、なんだかんだでもう3年もこのブログを書いている。

記事を読む

track feed Peanut Butter and Jelly

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です



  • わっと ( @WatOno )
    東京生まれ 南カリフォルニア育ち、神戸、伊豆を経て現在は東京在住。84年生まれ/輸入コーディネーター。

    詳しく
no image
[Music] 2017年版 終わりゆく夏を惜しんで10曲

夏は終わって言って悲しい限り。 その終わりゆく夏を惜しんで聴きた

no image
バスケットボール界の亀田兄弟?ロンゾ・ボールとレイカーズの未来

ここ最近ひたすらバスケットボール界を賑わしている、ボール兄弟。

no image
33歳になりました。

今年も誕生日がやってきてまた1つ歳をとった。意外だったけどロシアで過ご

no image
[Music] 2017年上半期にグッときた俺的名曲10選

今年の上半期に聴いた好きな曲をあげてきます。 リストを作

[NBA] マジック・ジョンソンが球団社長に就任。LAレイカーズに今何が起こっているのか。

シーズン序盤の好調な出だしもどこへやら。とうとう西カンファレン

→もっと見る

track feed Peanut Butter and Jelly
PAGE TOP ↑