*

[Life] 平凡な人生を生きている

公開日: : 私生活

その映画に出会ったのは、多分大学2年生の頃。

当時、一人で映画館にいって映画を観ることが個人的ブームで、この映画も新宿テアトルの前列端っこという最悪な席に座って一人で観た。椅子の座り心地が悪くおまけに斜めから見るような角度になってしまい、画面の端がしっかりと見えないのがどうにも気にかかった。

作品は、僕よりは少し年上の大学生たちが京都で飲み会をするという全く何のドラマ性のない物語だったけれど、夜の鴨川や出町柳の景色が美しく、当時夜の街をテーマに写真を撮っていた僕にとっては印象的だった。「出町柳か、いつか行ってみたいな」そんなことを考えていたけど、わずか数年後にすんなりその場所にいけるような環境にいるとはその時は思ってもみなかった。

スポンサードリンク


Untitled
ただ、今でも夜の出町柳は見たことが無くて、もう多分一生ないだろうなと考えたりもするけど、そのことに対して後悔みたいなものはない。

映画の中の若者たちは、お酒を飲んで、意味のない言葉をならべて、笑ったり、ときどき怒ったり、泣いたりしていた。

映画を観終わった僕は、そのなんともいえない魅力に惹かれて、原作の短編小説を読み、映画のDVDも買った。DVDの表紙には飲み会とは全く関係ない写真が使われていて、映画の雰囲気伝わらないなぁと不満に思ったりもした。

あれから10年以上が経って、少し前に発表された続編の小説を読んだ。あの夜飲み会に集まった若者たちの10年後を描いた作品だ。

32歳になった主人公たちは、10年前よりずっと身近になっていた。結婚したり、仕事を頑張っていたり。普通の32歳だった。僕のまわりにいる同世代と全く変わらない。この10年間にいろんなことを経て、人生の岐路に経ったりしてきた。

そんな主人公たちをみた大学生が、「そんな凡庸な人生は怖い」と切り捨てるシーンが印象的だった。

僕自身の過去10年間を振り返ったとき、それなりにいろいろやってきた気がするけど、結婚式や二次会なんかで昔の友人と会うと、彼らも同じように10年間いろいろなものを似たようにいろんなものを見てきていて、要するにそれは僕も彼らと同じような人生をあゆんでいるということで、凡庸ということなのだ。

渦中にいると次から次へといろんなことが起こり続けている気がするけど、外からみれば普通のことを普通にしているだけの平凡な人生なんだなと感じて、このやりとりを読んだとき、とても救われた感じがした。

この安堵感の正体はまだよくわからないけれど、次の10年でその意味がわかるような気もしている。

きょうはここまで。



No.1690 2016.01.18


style="display:inline-block;width:336px;height:280px"
data-ad-client="ca-pub-4210636571126027"
data-ad-slot="3949766933">

スポンサードリンク

track feed Peanut Butter and Jelly

関連記事

[Moleskine] 2013年の手帳システムについての悩み

今年もこの季節がやってきましたね、わっと(@WatOno)です。どーも。 年末はロフト

記事を読む

no image

[Life] ステージに立ち続けなくては前に進めない

漫才コンビの爆笑問題が好きだ。 テンポのいい掛け合いと、時事をネタにしていく柔軟性、ギリギリア

記事を読む

[Web] あなたはいくら払ってる?有料会員登録しているWebサービスを見直してみた! #chargeds

photo credit: Fly For Fun via photopin cc[/captio

記事を読む

[Life] 議論を進めるためのアイデアを出そう

企画などを考える際に、チーム内でブレインストーミングをすることがよくある。 世の中には

記事を読む

[ライフログ] いろいろ気持よくなるためにScanSnapの購入を検討している

Evernote Smart Sticker Test / AhBook Evernoteに人

記事を読む

[品川] これであなたもグローバル人材!物流博物館にいってきた!

インターナショナルビジネスに携わっていきたいわっと(@WatOno)です、どーも。

記事を読む

[Life] 戦国最大の城郭 小田原城とウメ子の思い出

カメラとお散歩好きなわっと(@WatOno)です。どーも。 ひさしぶりに予定のない週末

記事を読む

[Life] 勉強せずとも英文が読めるようになる方法

photo credit: wsilver via photopin cc[/caption]

記事を読む

[旅] 南カリフォルニアほど特別な場所はない

父の仕事の関係で、11歳〜17歳までカリフォルニア州のロスアンジェルス近郊で暮らしていた。

記事を読む

浅草寺

[PHOTO] iPhotoにさよなら、圧倒的に管理しない僕の写真管理術 #photomanage

注意!この記事で紹介されているeverpixは2013年12月15日でサービスを終了しています。

記事を読む

track feed Peanut Butter and Jelly

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です



  • わっと ( @WatOno )
    東京生まれ 南カリフォルニア育ち、神戸、伊豆を経て現在は東京在住。84年生まれ/輸入コーディネーター。

    詳しく
no image
[Music] 2017年版 終わりゆく夏を惜しんで10曲

夏は終わって言って悲しい限り。 その終わりゆく夏を惜しんで聴きた

no image
バスケットボール界の亀田兄弟?ロンゾ・ボールとレイカーズの未来

ここ最近ひたすらバスケットボール界を賑わしている、ボール兄弟。

no image
33歳になりました。

今年も誕生日がやってきてまた1つ歳をとった。意外だったけどロシアで過ご

no image
[Music] 2017年上半期にグッときた俺的名曲10選

今年の上半期に聴いた好きな曲をあげてきます。 リストを作

[NBA] マジック・ジョンソンが球団社長に就任。LAレイカーズに今何が起こっているのか。

シーズン序盤の好調な出だしもどこへやら。とうとう西カンファレン

→もっと見る

track feed Peanut Butter and Jelly
PAGE TOP ↑