*

[Music] 2015年下半期にグッときた俺的名曲10選

公開日: : 最終更新日:2015/12/20 アート, 音楽 ,

Music Machine (#33548)
2015年ももうすぐ終わり、ということでここ数日はちょっとしたまとめ記事を多めに書いています。

今日は、2015年下半期に特に聴いた曲を10曲選んでみたよ!

と言いつつ、2015年上半期リリースだけど、下半期になって気がついたってパターンもそこそこあったり。

上半期はこちらをどうぞ。


サマーソングはこちら。

スポンサードリンク


今回も洋楽が多め

上半期に続き、下半期も洋楽が多めです。ビルボードランキング中心に聴いているからっていうのがあるんですが。

Clean Bandit – Stronger

イギリス出身のエレクトロバンド。Rather Beのビデオで日本をフィーチャーして話題になった。

このビデオのおじいちゃんが最高にかっこよくて好き、Rather Beよりこっちのが踊れる。



Andy Grammer – Honey, I’m Good.

老若やLGBTを問わず、幸せそうなカップルがたくさん出演するとても2015年っぽいビデオ。それぞれのカップルが持っている紙には、これまで何年付き合っているか、結婚しているかが書かれている。

本当に笑顔がいっぱいで素敵なビデオだ。

歌詞の内容も、あなたにその気はあるかもしれませんが、僕は浮気しないよっていうかわいい内容になっていて、そこも素敵。



Sam Hunt – House Party

サム・ハントはアメリカのカントリー歌手。カントリーとロックを融合したような音楽がメインストリームで受けている。1984年生まれだから、実は同い年だったりもする。

お出かけしたくない彼女のために、お家でパーティーをしようっていう歌。自宅パーティー好きなうちの妻にピッタリな歌だなーと思いながらいつも聞いている。

楽曲時代は2014年にリリースされたものだけど、今年かなりビルボードを賑わしていた。



Superfly – Beautiful

2015年の邦楽で最も美しい歌詞だと思う、SuperflyのBeautiful。歌詞も歌声も全てが美しい。気高さを感じる。

この曲を是非紅白で歌ってほしい。



MACKLEMORE & RYAN LEWIS – DOWNTOWN

絶望的に乗りにくいけど、なぜかダンサブルっていう不思議な楽曲をなめらかに乗りこなしながらひたすら原チャリの話をするという異次元ラップ。

Macklemoreっぽいって言えば、それまでだけど、本当に多才な人だと思う。

クラシックなヒップホップスタイルを用いているけど、それだけじゃなくて結構風刺も効いた歌詞に、ポップカルチャーへの造詣の深さも感じる。今年下半期は特に聴いていた。



お嫁においで 2015 / 加山雄三 feat. PUNPEE

同世代のPUNPEEが、若大将の名曲をカバーってだけでテンション上がるし、さすがPUNPEE。ビートは最高にかっこいい。

リリックについては、正直すごくいいねってほどでもないけど、大ネタ使い切るサンプリング力はさすが。



椎名林檎 – 長く短い祭

日本版 RhiannaのBBHMM的なビデオ。

夏の曲だけど、どちらかといえば夏の終わり頃から聞きだした感があった。終わり行く夏に聴くのに特にちょうど良い感じの哀愁漂う楽曲と、適度にいじられた歌声に日本の夏を感じずにはいられない。



The Weeknd – Can’t Feel My Face

今年一番踊れる曲だったWeeknd。The Hillとかも流行ったけど、個人的にはやはりこれ。マイケル・ジャクソンの影響がもろ出ている感じの音楽もダンスも最高。

素敵なラブソングに聞こえるけど、明らかにこれ違法なあれの歌ですよねって感じ。でもここまでダンサブルで気持ちよい曲だと、もう歌詞の意味とか関係ないのかも。



星野 源 – 時よ

ニューアルバムYellow Dancerが最高に人生を肯定していて心地よい星野源。その中から、ビデオがリリースされた時よは、アルバムの一曲目にふさわしい、元気でダンサブルで明るくて、そして歌詞の意味を読み込むと怖いくらいに人生に前向きな一曲だ。

特にこのビデオのダンスも大好きで、何度見ても楽しい気持ちになれる。



Coldplay – Adventure Of A Lifetime

Coldplayはそこまでファンではないのだけど、Sky Full of Starsとか、こういう爽快感のある曲があるから意外と好き。

この曲も、心地よいビートと頭に残るメロディラインがたまらない。2015年最後の個人的ヒット曲。

CG映像のレベルの高さも合わせて、このビデオもすごく好き。


メインストリームのポップスが多かったけれど、とにかく元気で明るく楽しい曲にたくさん出会えたのが2015年だった気がする。

他にも結構いろんな曲があったけど、あえて下半期に絞るとこの辺りかな。

気になる曲はありましたか?

きょうはここまで。

2015/12/19 No.1686


style="display:inline-block;width:336px;height:280px"
data-ad-client="ca-pub-4210636571126027"
data-ad-slot="3949766933">

スポンサードリンク

track feed Peanut Butter and Jelly

関連記事

[Music] くるりの「東京」にみる新たなる環境で覚悟を決めるということ

photo credit: Jun Takeuchi via photopin cc[/capti

記事を読む

[Music] ハナレグミ アルバム「だれそかれそ」が開く名曲の可能性

ハナレグミ大ファンのわっと(@WatOno)です、どーも。 先日、購入いたしました

記事を読む

[動画] ニューヨークにアラジンと魔法のじゅうたん現る

ハロウィンは終わってやや経ちますが、渋谷で大騒ぎが行なわれている頃、ニューヨークでも大変なこ

記事を読む

[Design] ロゴデザインは慎重に!有名ブランドの失敗に学ぶロゴをクラウドソースすべき理由。

photo credit: Chris Owens via photopin cc[/captio

記事を読む

[書評] 私の本棚でもっともカオスな一冊『ちくわのわーさん』が規格外すぎる!!

ちくわよりもちくわぶが好きなわっと(@WatOno)です。どーも。 先日、友人夫妻に誕

記事を読む

[Music] 宇宙一ファンクな日本史!おすすめレキシソング紹介します! #rekishi5

photo credit: jamesfischer via photopin cc[/capti

記事を読む

[Music] 星野源 アルバム『Stranger』に詰め込まれた生きるということの全て

『人生の節目には必ずJ-POPがある』と高校生にして断言した友人をもつわっと(@WatO

記事を読む

[動画] 大雪のニューヨークで大はしゃぎ!街中をスノーボードで滑りぬける男たち

このブログでもたびたび取り上げているニューヨーク在住のYoutuber/映画監督 Casey

記事を読む

[ART] 「レオ・レオニ 絵本のしごと」展にみたレオニの哲学

子どもの頃からたくさんの絵本にふれて育ったわっと(@WatOno)です、どーも。

記事を読む

[Music] 星野源 「Crazy Crazy」は現代のスーダラ節なのか

どうかしていたいわっとです、どーも。 このブログでも何度か実は書いてますが、星野源さんのCra

記事を読む

track feed Peanut Butter and Jelly

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です



  • わっと ( @WatOno )
    東京生まれ 南カリフォルニア育ち、神戸、伊豆を経て現在は東京在住。84年生まれ/輸入コーディネーター。

    詳しく
no image
[Music] 2017年版 終わりゆく夏を惜しんで10曲

夏は終わって言って悲しい限り。 その終わりゆく夏を惜しんで聴きた

no image
バスケットボール界の亀田兄弟?ロンゾ・ボールとレイカーズの未来

ここ最近ひたすらバスケットボール界を賑わしている、ボール兄弟。

no image
33歳になりました。

今年も誕生日がやってきてまた1つ歳をとった。意外だったけどロシアで過ご

no image
[Music] 2017年上半期にグッときた俺的名曲10選

今年の上半期に聴いた好きな曲をあげてきます。 リストを作

[NBA] マジック・ジョンソンが球団社長に就任。LAレイカーズに今何が起こっているのか。

シーズン序盤の好調な出だしもどこへやら。とうとう西カンファレン

→もっと見る

track feed Peanut Butter and Jelly
PAGE TOP ↑