*

「らしく」あるために進化し続けるということ – 日刊わっと 1538

公開日: : 日刊わっと, 音楽 , ,

professional-retro-microphone--dj-headphones- professional-retro-microphone–dj-headphones-’ by (Ilmicrofono Oggiono) on flickr

2015年7月27日(月)

滞在10日目。ようやく今週帰国になる予定。出張もあと一回だし、もう少し。

こちらはここへきて気温も結構下がっており、今日も日中20℃に至らなかった。夜にいたっては15℃くらい?な感じで半そででいると寒いくらい。日中もスーツのジャケットを羽織っていてちょうど良いか少し肌寒いかなといった感じ。

日本は連日35℃と聞いて、うげーってなっている。

それでも日本の夏のが好きだけど。

スポンサードリンク


——

Rip Slymeの新曲、Popcorn Nancyが出る。というかもうYoutubeとかにはアップされていて、発売になるのが今週ということ。TOKYO FM サマーキャンペーン 2015 テーマソングらしいんだけど、曲自体は夏!って感じでもない。それでも、ロック要素を持ちながらポップで明るい感じなのはとてもRipっぽい。

Rip Slyme 「Popcorn Nancy」2015年


Rip Slymeって夏歌結構あるんだよね。今年も夏がやってきたのでジャングルフィーバーよく聴いてる。

[Music] いますぐビーチにいきたくなる真夏のRip Slyme名曲5+1選! | Peanut Butter and Jelly
夏のプレイリストにどうぞ。



——

Popcorn NancyのMVは、一発撮り風になっていて、遊び心のある演出が多い。Rip Slymeの一発撮り(風)ビデオといえば、黄昏サラウンド。すごいおしゃれなジャケットきて、メンバーが交互にいれかわりながら歩いていくと気が付いたら、サンセット後の映像がサンライズ後の映像に変わっているという美しいビデオ。あれは最高にかっこよかった。

Rip Slyme 「黄昏サラウンド」2004年


——

この黄昏サラウンドが入っているアルバム、Masterpieceのツアーは、武道館に観に行った。抽選であたったチケットで友達とふたりでいったんだけど、回りが女子中高生ばかりで異様な雰囲気だったのを覚えている。

確か当日は、PESの誕生日で、普段ならアンコールでマタ逢ウ日マデをやるところをその日は仮装したPESがひとりで出てきて、尾崎紀世彦のまた会う日までを熱唱するというおまけつきで大いに盛り上がった。

—–

あの頃、アルバムごとにあたらしいものを取り入れて、ポップでキャッチ―だけど、同時に冒険的な音楽を作り続けるこのグループが大好きだった。

そのグループが今でもこうやって新しいものを、相変わらずなスタンスでポップにキャッチ―に作り続けてくれるというのが嬉しい。

—–

マイルス・デイヴィスは初期の名作Kind of Blueと中期の名作Bitches Brewでかなり色が違う。それでもどちらの作品も、マイルスの作品としてひとくくりに語られる。

うちの両親が好きな、サザン、井上陽水、吉田拓郎といった人たちの歌も、どれも強烈な個性があって、聴いたらあー陽水だね、これっていかにも拓郎っぽいよね、ってなる。

しかし彼らの音楽もまたずっと同じなわけではなくて、時代とともにいろんなものを吸収しながら進化を続けている。だからこそ同じ時代をいきる人にとって、常に新鮮で、でも常に心地よくいられるのだろう。

Rip Slymeも似たような進化を遂げているように感じている。彼らは新しいことをやり続けることによって、常に「Rip Slymeらしい」ものを提供してくれている。

それが最高に心地よいから聴いてしまうんだろうな。

Popcorn Nancyは7/29(水)発売だそうです。Apple Musicでも聴けるかな。

きょうはここまで。



style="display:inline-block;width:336px;height:280px"
data-ad-client="ca-pub-4210636571126027"
data-ad-slot="3949766933">

スポンサードリンク

track feed Peanut Butter and Jelly

関連記事

no image

-叫び- 131

2011年9月17日(土) 今日のランは10km 51:27。 走れば走るほどタ

記事を読む

no image

-10km- 206

2011年12月1日(木)ついに12月!なんだかんだでもうそんな時期なんだなーと思う

記事を読む

no image

強い意志がもたらすもの、もたらせないもの – 日刊わっと 1419

2015年3月31日(火) 年度末。 今回の滞在もいよいよ終盤のカウントダウンに入ったと

記事を読む

ロシア二部リーグに所属する地元サッカーチームのグラウンドを視察してきたよ! – 日刊わっと 1230

2014年9月21日(日) 日曜日久しぶりの休みだったのに、昼過ぎまで寝てしまった。 天気も

記事を読む

僕はただヨーグルトが食べたかったんだよ – 日刊わっと 1224

2014年9月15日(月・祝) おやすみ二日目のつもりだったけど、仕事の連絡があってなんかもや

記事を読む

日刊わっと -世界一苦いビール- 796

2013年7月13日(土) 蒸し暑いけれど、曇っていてここ数日よりはいくらか涼しい一日。

記事を読む

日刊わっと -半蔵門の出会い- 765

2013年6月12日(水) 朝から用事があり、ひさしぶりに少し早めに家を出た。はやめといって

記事を読む

no image

-死にたいやつなんていない、天国に行きたいやつだって死んでまで行きたいとは思わない- 150

2011年10月6日(木)の分昨夜は帰りが遅かったので、6日の分を今日7日に更新。朝

記事を読む

-プレゼント- 386

2012年5月29日(火) 天気は雨のち雷雨。 帰る頃になったら、いっきにふってきて 井上陽水

記事を読む

北の大地につきました おそロシア日記リターンズ – 日刊わっと 1099

2014年5月13日(火) 1ヵ月半ぶりにロシアに帰ってきた。気温は10度前後。日本に比べてか

記事を読む

track feed Peanut Butter and Jelly

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です



  • わっと ( @WatOno )
    東京生まれ 南カリフォルニア育ち、神戸、伊豆を経て現在は東京在住。84年生まれ/輸入コーディネーター。

    詳しく
no image
[Music] 2017年版 終わりゆく夏を惜しんで10曲

夏は終わって言って悲しい限り。 その終わりゆく夏を惜しんで聴きた

no image
バスケットボール界の亀田兄弟?ロンゾ・ボールとレイカーズの未来

ここ最近ひたすらバスケットボール界を賑わしている、ボール兄弟。

no image
33歳になりました。

今年も誕生日がやってきてまた1つ歳をとった。意外だったけどロシアで過ご

no image
[Music] 2017年上半期にグッときた俺的名曲10選

今年の上半期に聴いた好きな曲をあげてきます。 リストを作

[NBA] マジック・ジョンソンが球団社長に就任。LAレイカーズに今何が起こっているのか。

シーズン序盤の好調な出だしもどこへやら。とうとう西カンファレン

→もっと見る

track feed Peanut Butter and Jelly
PAGE TOP ↑