*

ロシア語を話せない僕がロシアの街中でSimカードを購入してきました – 日刊わっと 1536

公開日: : 最終更新日:2015/07/27 ロシア生活, 日刊わっと ,

IMG_0511
2015年7月25日(土)

以前、ロシアの携帯ショップにsimカードを買おうと意気込んでいったら、必要書類が足りなくて買えなかったお話は以前にも致しました。

ロシア語を話せない僕がロシアでSIMカード購入に挑戦して失敗しました – 日刊わっと 1530 | Peanut Butter and Jelly
残念ながら購入にはいたらず。



今回はそのリベンジです。結論から申し上げますと、すんなり無事に4Gのsimカードを購入できました!しかし、そんなにすんなりでもないとこもあった!

スポンサードリンク


MTSお前だけは許さない

仕事終わりの18:30頃。前回追い返されたお店に再び出向きました。

必要書類であるパスポート、住所証明、入国カードもしっかりと持参しています。ルーブルも現金でもってきたし、忘れ物はありません。

店内に入ると、老夫婦と店員が口論しています。しかし、客はこの一組だけ。この一組が去ったら声をかけようと待っていると、老夫婦が怒りながら店を後にしました。

これはチャンスとばかりに店員に英語で話しかけます。(ロシア語しゃべれないから別に日本語でもいいんだろうけど)

すると店員はすさまじい剣幕でなにかをまくしたてて手で×サインを作ってきました。

どうやらお店が19:00までなので今日の受付は終了だということらしいです、それを先程の老夫婦とも争っていたらしく。

向かいの服屋はもう店じまいしているだろう!と向かいの店を指さす店員。すさまじい形相で追い返され、すごすごと店を後にする僕。

MTSは鬼門すぎる。もう明日にしようかなーと思いました。ってかなんであんなに怒られないといけないんだよ。

Оператор связи МТС – Сотовая связь, телевидение и интернет, услуги мобильной связи частным клиентам – Сахалинская область — Южно-Сахалинск
個人的に鬼門すぎるキャリア、MTS





モバイル界の革命児?ビーライン

仕方なく途方に暮れていると近くにBeelineという別のキャリアのショップを発見しました。

ロシアのメジャー通信キャリアは主に3社。MTS、Megafon、そしてBeeline。僕が働いている地域では、MTSがカバー率が最も高く、Megafon、Beelineはまあまあといった印象。Beelineは値段が安いという噂はなんとなく聞いたことがあります。

勝手に、MTS=DoCoMo、Megafon=Au、Beeline=ソフトバンク、っぽく日本的なイメージでおります。あっているのかはしりません。

さて、このBeelineのお店は、店の入り口に10:00-21:00までと営業時間が貼り出してあります。

お、これは!とおもい早速入店いたしました。

«Билайн» частным лицам: продукты, тарифы и услуги. Официальный сайт оператора – Москва
ハチのマークのビーライン。




BeelineでSimカードは購入できるのか

店内にはいると、お店には誰もいなく店員さんは電話中。ショーウインドウを観て回りますが、特にSimカードの陳列はなく、料金形態がわかりません。

料金表をさがしてうろうろしていると店員さんに声をかけられます。なんといっているのかはわからないけどとりあえず、「Simカード」と答えます。わしゃガキの使いか。

するとさらに続けて質問してくる長いブロンドの髪をしたすらっとした美人店員さん。イリーナさんという方でした。

全く理解できなかったけど、「インターネット」という単語が聞こえたのでインターネットと答えます。ついでにiPadも見せて、これ用ね、みたいな雰囲気を出します。

「どのプランにするの?」みたいなことを聞かれているなと雰囲気で察しますが、全くプランがわからないので、「どんなプランがあるの?」と聞きかえします。英語なので伝わったかは微妙でしたが、イリーナさんは料金表をみせてくれます。

イリーナさんは6GB/月、900ルーブル(2250円)のプランを示しておすすめしてくれます。いろいろ説明されているのですが全く理解できないでいると、紙とペンをだしてきて、「900ルーブル」と書いたあとに、これに×をして「450ルーブル(約1125円)」と書き直します。


半額になった!!?

え?半額?450ルーブルといえば、MTSでは3GBしか使えません。それがこちらでは6GBなのです。(ということだと思います)

それ以外にも無制限インターネットみたいなことをいっているようですが、どれをさして言っているのかわかりません。さらに、紙に続けて、「800ルーブル」で夜と朝、みたいなことを説明されますが、もうどういう料金形態なのか見当もつきません。

800ルーブル(約2000円)はさすがに高いので、450ルーブルを指さしてこれにしてほしいという気持ちを伝えます。

イリーナさんは理解したらしく、パスポートをだして、と言われたのでここで満を持して、パスポート、住所登録、入国カードをだします。

人って失敗から学ぶんですね。


ロバートデニーロばりのボディランゲージ

さて手続きはものの1分程度で終わると、またイリーナさんが何か質問しています。例によってまったく理解できません。

すると、たくさん手元にあるSimカードをみせてくれるイリーナさん。ナンバー、ナンバーといっており、どうやら電話番号はどれがいいかと聞かれているようです。全く興味がなかったので、ロバート・デニーロばりに両手をあげると、イリーナさんは適当な番号を選んでくれてこれでいいかというので、それにしてもらいました。

そして、お支払は現金で450ルーブル。ほんとこれだけいいのかなというくらい安いですね。


NANAって誰よ!


さらに、また何か問いかけてくるイリーナさん。相変わらずまったく意味が分かりません。単語も拾えない。

業を煮やしたイリーナさんはかなりゆっくりと話してくれますが、ゆっくり話されたってわからないものはわからないので、必死にイリーナさんの目をみて彼女の真意をさぐります。

しきりに、「ナナ、ナナ」というイリーナさん。

「ハチ」のマークのお店で、「ナナ」ってそれ完全に矢沢あい常態じゃねーか。

しかし、そんなつっこみは通じませんので、必死にナナの意味を考えていると、iPadを指さされます。そしてSimカードを見せられます。

あ、Nano Simのことか。

やっと合点がいった僕、念の為iPadを渡すと、イリーナさんはクリップでSimカード挿入口を開けて、Nano Simなことを確認。(店員なのにクリップ使うなよ)

いやー、NANAってほんとうなんのことかと思ったよ。

と、安心していたら束の間、また店員さんにあれこれ言われます。今度聞き取れたのはオフィスだけ。オフィス?ビジネス用かってこと?


別のお店にいっていただきます

イリーナさんはしきりに左右を指さして、オフィスとかなんとかいっています。

どこのオフィスだ、みたいなことを言っているようです。

また意味がわからないでいると、地図を書きだします。どうやらNano Simの在庫がないので、近くにある別のショップにいってくれということらしいです。

で、紹介されたお店自体は、前を通ったことがあったので、地図をみながらダー、ダーいってみる僕。ちなみにダーはロシア語でYesです。

ここにレーニン像があって、この交差点を右にいって道を渡ったところ。向かいに日本料理店があるわね知ってる?ぐらいのことをいっているんだなーというのはわかります。といっても聞き取れた単語は、レーニンと日本料理店だけでしたが。

どうやらそこにいま登録した番号と端末をもっていってSimカードを受け取ってくれということらしいです。イリーナさんは事前にそちらのショップにも電話をしてくれます、「ロシア語 ダメ」という単語は聞き取れたので、ロシア語しゃべらない客がSimカードとりにいくからよろしくな、的なことをいっていたのでしょう。

そして番号を書いた紙と契約書を渡された僕。イリーナさん、スパシーバ(ありがとう)!


二店目ですんなり開通しました

次のお店までは歩いて3-4分。

お店に入って店員さんに声をかけると、Simカード?と聞かれます。ダーと答えてイリーナさんにもらってきた書類一式を渡すと、新しいNano Simを店員さんが用意してくれました。

iPadにSimをいれるところまでやってくれたので、こちらはAPNの設定(自動取得)をすると、すぐにBeeline LTEの表示が現れ、Safariを立ち上げるとなんなく開通。

「動いた?」と店員さんに聞かれたのでダー、スパシーバ。(うん、ありがとう)と答えるロシアかぶれの僕。

店員さんは笑顔でダスピダーニャ(さよなら)してくれました。


まだ終わりじゃない!

IMG_0513
というわけで、無事にiPadにロシアのSimカードが入りました。こちらのホテルや3GのUSBルーターのスピードにうんざりしていた僕にとってはまさに革命的なできごとです。

それに全く言葉通じないのになんとか目標を達成できたことが自信にもなりました。全く料金体系とかわかってないけど。

しかし、ここで戦いは終わりではありません。

お気づきの方もいるかもしれませんが、このSimカードの支払はクレジットからの引き落としではありません。毎月店頭で支払うか、もしくはチャージ用の機械(スーパーなどに設置されている)でデポジットを入れなくてはいけません。

もちろんチャージ機もロシア語ですし、Beelineのお店もロシア人なのでロシア語です。支払は慣れれば楽そうですが、やり方をおぼえるまでは結構苦難がまっていそうです。

それでも、こちらで快適にネットができるのは本当に助かります。

それに、一店目にいた店員のイリーナさん、ロシアではめずらしく愛嬌があって感じのよい人でした。日本の携帯ショップだったら当然のことなんですが、ロシアではこの程度のことでも感動できます。

IMG_0512
ホテルに帰ってきたのでWifiをつかんでしまっていますが、ごらんのとおりキャリアにビーラインと書いてあります。
IMG_0514
いやー頑張ったな。うん。

きょうはここまで。



style="display:inline-block;width:336px;height:280px"
data-ad-client="ca-pub-4210636571126027"
data-ad-slot="3949766933">

スポンサードリンク

track feed Peanut Butter and Jelly

関連記事

死ぬために働いてるわけじゃない – 日刊わっと 954

2013年12月18日(水) 予報は雪の一日。かなり降った地域もあったみたいだけど、会社や家

記事を読む

no image

-つながるから続けて、続けるからつながる or vice versa – 166

2011年10月22日(土)の分84関西を始めた時、既に関西での生活も長くないよなぁ

記事を読む

no image

-ありふれた例外- 40

2011年6月18日(土)昨日は気持ち良く酔っていたので、日刊自重しました。なので、

記事を読む

no image

「ふと日の長さを感じます」

3月9日の朝、 目が覚めるとカーテンのあいだから 青空が広がっていて、 その瞬間去年の今

記事を読む

コービーがついにジョーダンを抜いて歴代3位に! – 日刊わっと 1313

2014年12月15日(月) 午前休をもらって午後から出勤。普段通りの時間に寝たのに目が覚めた

記事を読む

Radwimps×ハナレグミ 「あおいこ」がずるい – 日刊わっと 1561

2015年8月19日(水) ハナレグミの新アルバムがついに発売になった。4年ぶりのオリ

記事を読む

Googleの発表の裏でPathがひっそりとKakaoに買収されていた – 日刊わっと 1478

2015年5月29日(金) ずいぶんひさしぶりに雨が降った気がする。 帰りの道で

記事を読む

日刊わっと -えいぎょーのひ- 450

2012年8月1日(水) 午後からまたえいぎょーまわり。隣駅まで自転車で 向かってる

記事を読む

日刊わっと -晴れたらいいな- 716

2013年4月24日(水) 午前中から雨がふりだして、午後はかなり強めにふ

記事を読む

吉祥寺をひさしぶりに散策した – 日刊わっと 1395

2015年3月7日(土) 雨の土曜日。ひさしぶりに吉祥寺まで足を伸ばした。 吉祥

記事を読む

track feed Peanut Butter and Jelly

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です



  • わっと ( @WatOno )
    東京生まれ 南カリフォルニア育ち、神戸、伊豆を経て現在は東京在住。84年生まれ/輸入コーディネーター。

    詳しく
no image
[Music] 2017年版 終わりゆく夏を惜しんで10曲

夏は終わって言って悲しい限り。 その終わりゆく夏を惜しんで聴きた

no image
バスケットボール界の亀田兄弟?ロンゾ・ボールとレイカーズの未来

ここ最近ひたすらバスケットボール界を賑わしている、ボール兄弟。

no image
33歳になりました。

今年も誕生日がやってきてまた1つ歳をとった。意外だったけどロシアで過ご

no image
[Music] 2017年上半期にグッときた俺的名曲10選

今年の上半期に聴いた好きな曲をあげてきます。 リストを作

[NBA] マジック・ジョンソンが球団社長に就任。LAレイカーズに今何が起こっているのか。

シーズン序盤の好調な出だしもどこへやら。とうとう西カンファレン

→もっと見る

track feed Peanut Butter and Jelly
PAGE TOP ↑