*

次のライブはあの世で SAKEROCK LAST LIVE ARIGATO! #sakerock – 日刊わっと 1482

公開日: : アート, 日刊わっと, 音楽


2015年6月2日(火)

晴れ後曇り。

夕方、インストバンドSAKEROCKの解散ライブのために、両国 国技館へ向かう。

昼から並んでいる物販は到着時にはすでにシャツもほぼ売り切れていたため、諦めてのんびりと開場を待った。


SAKEROCKの音楽の特徴は、どこから聴いてもあー日本のバンドだなってわかるその音にあると思う。昭和の映画を観ているかのようなクセのあるトロンボーンやマリンバ、逆にシンプルだけどしっかりとしたリズム隊。

技術と遊びが不思議なバランスで融合した音楽。

そのラストライブが国技館というのもとてもらしさを感じる、まさに千秋楽といった感じになるのかな、そんな思いで会場入りした。



スポンサードリンク


次のライブはあの世で


席は升席でステージとほぼ同じ高さ。会場も全体的にとてもコンパクトにぎゅっと詰まった感じで、とても一体感があった。




開演直前、レキシの池ちゃんたちが、席を探して客席をうろうろしていてどよめく会場。それに気がつき手を上げて応える池ちゃん。会場にまた笑いと拍手が起きる。

いつの間にかレキシも超有名人。

そんな中、開演時間から20分してようやくSakerock登場。

肩に手をかけ一列になって土俵、ではないステージ下を一周した後、ステージにあがると静かにラストライブははじまった。

始まりは予想以上に穏やかなスタート。ゆったりと時間は流れていく、MCが入った後、源くんがマリンバについて、Emerald Musicをやって、会場もあったまり出した。

一時間ほどたったところで、会場に時間を確認するメンバー、のんびりやりすぎたかな?巻きでいきましょう、とか言ってしまうあたりもマイペースで「らしさ。」

ラストアルバムと過去の曲を淡々と、たまにアレンジも加えつつこなしていくメンバー。

Old Old York前に準備体操をして気合を入れるハマケン、よしやるぞとはじまったものの大地くんと源くんの呼吸が合わず失敗。大げさにがっかりするハマケン。

Coupleのラストで渋い馨くんのソロ、が終わったと思ったらかすかに聞こえてきたあのフレーズ。信長だ!そこから始まった信長に沸く会場。

馨くんがスモークをみて、湯気でるね、といってみたり、俺以外みんな全裸だったとかいう謎の悪夢披露。

天井に飾られた白鵬の写真を見て、スト2っぽいという話題から盛り上がり、エドモンド本田のモノマネやった後、最終的にスト2はダルシム使いだったとか話し出す源くん。ハマケンと二人でヨガフレイムと言い続けてキャッキャしてる。

そんなゆるい空気もありながら、演奏中はキリッと集中して臨む5人。誰かの演奏を聴いている時、明らかにゾーンに入っている表情はかっこよかった。

One Toneでの大地くんの圧巻ソロとそれを応援しまくりな源くん。

一夜限りの復活なのに、全く違和感なく笑顔で弾き続ける卓史くん。

そして、本編終了直前にアンコール二回ありますと宣言して、MUDA。本当にムダにカッコ良いフィニッシュ。会場全体が一瞬明るくなったとき、みんなが大声でコーラス歌っている姿がみえて、みんなsakerockだって思った。

歌うインストバンド

アンコールはクレイジーキャッツのような白スーツ姿で登場する5人。この姿見たかった!会場もテンションあがりまくり。

気が付いたらジャケットを脱がされるメンバーたち。

リクエストコーナーでは、Emerald Musicをもう一度やりたいという源くん、それに会社員ももう一度やる。マリンバの軽やかで柔らかい響きが会場を包み込む。

結局アンコールはインストバンドのあり方を追い求めた彼ららしい曲で始まり、そして最後は歌詞のない「インストバンド」の優しい響きにつつまれて終了。

僕らはインストバンドだから歌い方はわからない、とかいうけれど、しっかりわかっているじゃないか。最高な音奏でてるじゃないか。

最初で最後のSAYONARA

最後は再び最初の服に着替えて戻ってきたメンバー。それぞれに解散ライブに関する感想をのべる。

解散ライブと聞いて最初は悲しかったけど、ライブを見ながら、この人たちが死ぬわけじゃないし、音は残るし、ひとつの区切りだよなーって思っていたら、最後卓史くんから源くんの流れでまさにその話がでた。やっぱりみんな同じ気持ちだったんだ。sakerockは終わらない。

最後は、このメンバーで最初で最後のSAYONARA。こんなに力強く最後を迎えられるグループなんてないよ。最高だ。

そしてあっというまの3時間が過ぎて、Sakerockは解散した。

まじめで本気な解散ライブ

5人が丸いステージでそれぞれに向かい合って、観客に背中を向ける形で行われた解散ライブ。みんなを囲むように、客席があって、さらに生配信でみているひとたちもいて、みんなでひとつのバンドの最後を見守っている感じだった。

解散といっても、力むこともなく、力を抜くこともない、真面目に本気でいいライブをつくろうという姿勢が伝わってきた。ずっとそういう姿勢で音楽に向かってきたんだろうなってすぐわかる、そんなライブだった。

さよならsakerock、ありがとうsakerock。

うっかり死んでもこのライブがあるからあの世で楽しく踊れます。

きょうはここまで。

SAKEROCK 2015/6/2 両国国技館 (東京) セットリスト | みんなのセトリ
最後までなごやかな気持ちのライブだった。

Composed by わっと in Tokyo 2015


style="display:inline-block;width:336px;height:280px"
data-ad-client="ca-pub-4210636571126027"
data-ad-slot="3949766933">

スポンサードリンク

track feed Peanut Butter and Jelly

関連記事

アメリカのサッカー番組が日本代表を応援する意外な理由 – 日刊わっと 1120

2014年6月3日(火) 朝起きてもまだ風邪の症状はよくならず、チェックアウトぎりきりまで、ホ

記事を読む

no image

-ハーフ完走- 188

2011年11月13日(日)の分もうこんな時間ですが、まずは昨日の日記から。夏前にジ

記事を読む

no image

-丸いものたち- 197

2011年11月22日(火)そういえば、今日はいい夫婦の日。婚姻届を出した人も多かっ

記事を読む

日刊わっと -コービーが引退説を一蹴- 742

2013年5月20日(月) 朝から霧雨が降り続けた一日。ふってるような感じしないのに、きがつ

記事を読む

no image

-すいまー- 247

2012年1月11日(水)ばりスタッ!の収録。サクサクと作業できるようになったなーと

記事を読む

シャワーがほぼ水だけど、錆び水でないだけマシとかいう土地 – 日刊わっと 1110

2014年5月24日(土) 小雨降る土曜日。外の気温は相変わらず一桁台で街をいく人はダウンコー

記事を読む

no image

-個と組織の融合- 29

日本代表対チェコ代表の試合を観るために早めに帰宅した。 ペルー戦につづいてのスコア

記事を読む

貧乏性を排除してパフォーマンスをあげる – 日刊わっと 919

2013年11月13日(水) いまいちギアの入らない一日だった。なんとなく体にだるさが

記事を読む

no image

-To Gather- 日刊あるかす 19

キュレーションとか、まとめるってことへの違和感がだいぶ自分の中で顕在化してきた。今夜

記事を読む

お魚が私を呼ぶのか、私がお魚に呼ばれるのか おそロシア日記 – 日刊わっと 1048

2014年3月22日(土) 出張二日目。 朝眠たい目をこすりながら作業してたら、昨日話をした

記事を読む

track feed Peanut Butter and Jelly

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です



  • わっと ( @WatOno )
    東京生まれ 南カリフォルニア育ち、神戸、伊豆を経て現在は東京在住。84年生まれ/輸入コーディネーター。

    詳しく
no image
[Music] 2017年版 終わりゆく夏を惜しんで10曲

夏は終わって言って悲しい限り。 その終わりゆく夏を惜しんで聴きた

no image
バスケットボール界の亀田兄弟?ロンゾ・ボールとレイカーズの未来

ここ最近ひたすらバスケットボール界を賑わしている、ボール兄弟。

no image
33歳になりました。

今年も誕生日がやってきてまた1つ歳をとった。意外だったけどロシアで過ご

no image
[Music] 2017年上半期にグッときた俺的名曲10選

今年の上半期に聴いた好きな曲をあげてきます。 リストを作

[NBA] マジック・ジョンソンが球団社長に就任。LAレイカーズに今何が起こっているのか。

シーズン序盤の好調な出だしもどこへやら。とうとう西カンファレン

→もっと見る

track feed Peanut Butter and Jelly
PAGE TOP ↑