*

[スピーチ] 人生の失敗から得られる「自分らしさ」

公開日: : アート, 私生活

Hello Mic...
スティーヴ・ジョブスが、スタンフォード大学の卒業式で「Stay Hungry, Be Foolish」と語ったことはあまりにも有名。

本当に自分がやりたいことをやりなさい、というメッセージは今でも人々の心に火をつけ続けています。

でも自分がやりたいとおもっていたことが、今やろうとしていることとは違うのかもしれない。しかし、それはそれで構わない、と教えてくれるのが2011年ダートマウス大学でTV司会者のコナン・オブライエン氏が行なった演説です。



このスピーチこそ、人生をどうとらえるべきかが素晴らしく表現されています。

スポンサードリンク


人気コメディアンのふざけたスピーチ

人気TVアニメ「シンプソンズ」やサタデーナイトライブで作家もつとめたコナンは、アメリカで最も面白い司会者の一人。

その演説もまた数々のジョークで聴衆を全く飽きさせません。

私も以前あなたたちと同じ場所に座っていました。本当です。昨夜遅く私はこの会場に忍び込み全ての席に座りました。


私はこの仕事(演説)をとても重大な役割と認識しています、ですから皆さんが重要な期末レポートに望むのと同等の集中力をもって私はこの仕事に取りかかりました。というわけで、昨夜遅くに書き始めたわけです。


スピーチの大半はこんなくだらないジョークばかりが続きます。


失敗の美学

スピーチも終盤にはいったところ、それまでのおもしろおかしいトーンから、一気に真剣な話になります。

2010年、コナンは念願だった、トゥナイトショーという伝説のトークショーのトークホストとして、有名司会者の後釜に抜擢されます。

しかし、5年間契約だったその番組は、コナンの前任者をもう一度同時間帯に復帰させたいというテレビ局の意向により、はじまってたった数ヶ月で状況が一変します。

コナンには、彼の前任者の番組後、日付が変わってからの時間帯で番組を続けるオファーが出されますが、「トゥナイトショー」という番組が今夜のうちに放送されないのは間違っていると反論します。

トゥナイトショーという伝説の番組への強いこだわりを持つコナンと、前任者を戻したいテレビ局との対立は、全米で大きな話題となりますが、結果としてコナンがたった七ヶ月で番組を降板することで一応幕をひいた形となりました。

失意の中、コナンは新しいコメディの形を模索をはじめます。SNSを活用したり、ツアーを行なったり。結果として働き始めてからもっともエキサイティングな一年になったとコナンは振り返ります。

長年の夢だった有名トークショーの司会者となることが「成功」することだと考えていたコナンはここで気がつきます。この失敗が自分の仕事に確信をもたせてくれたことに。


最悪の失敗は人を自由にする

「自分はこんな人間だ」「自分はこういうことをする人間になる」という思いが、失敗によって打ち砕かれたとき、人は既成の理想像とは離れて、自由に本当の自分らしさと向き合う事が出来るとコナンは続けます。

“It is our failure to become our perceive ideal that ultimately defines us and makes us unique. It’s not easy, but if you accept your misfortune and handle it right, your perceived failure can be a catalyst for profound reinvention.

自分が意識した理想を達成できないという失敗こそが、最終的に我々が誰であるかを決め、一人一人の個性となる。
これは簡単なことではない。しかし、自分の不幸を受け入れ、きちんと向き合う事ができたなら、この理想にたどり着けなかった失敗が、全く新しい自分自身の発見を促すカタリストになる。


Conan O’Brien at 2011 Dartmouth College Commencement Address


今ある夢が、10年後、20年後変わってもいい。

失敗をすることを恐れようが恐れまいが、いつか必ずそのときは人々に訪れる。それをきちんと受け止めてこそ、自分が本当にやるべきことが見えてくるとコナンは力強く語ります。


まとめ

いかがでしたでしょうか。

スピーチ自体は、ちょっと英語になれていないと難しい(というか早口なのでジョークが聴き取りづらい)かもしれませんが、自虐ネタとから、そのまま自然と人生のレッスンまでもっていく力はさすがです。

典型的なアメリカ人好みのスピーチといえるのではないでしょうか。

あなたが自分らしいと思う事はなんですか?その自分らしさはどんな失敗によってもたらされたものですか?

なりたかったものになれなかったからこそ、今の自分らしさがある。

その失敗と向き合うことこそが、大切というすごくポジティブなメッセージが印象的ですね。

だすぴだーにゃ!


style="display:inline-block;width:336px;height:280px"
data-ad-client="ca-pub-4210636571126027"
data-ad-slot="3949766933">

スポンサードリンク

photo by:
track feed Peanut Butter and Jelly

関連記事

[Music] 2015年下半期にグッときた俺的名曲10選

2015年ももうすぐ終わり、ということでここ数日はちょっとしたまとめ記事を多めに書いています

記事を読む

[Life] 効果的なクレームメールの書き方

せっかく友人が好意で譲ってくれたスーツケースのタイヤを壊してしまい、先日新しいスーツケースを

記事を読む

[Life] 緊急事態発生!自宅のネットが繋がらない?

基本的にパソコンでブログ書きたい派のわっと(@WatOno)です。どーも。 昨日、昼頃

記事を読む

[Photo] デジタル一眼レフで花火大会撮影を制する7つのコツ

花火大会の季節です、人生もでっかい花火うちあげたいわっと(@WatOno)です。どーも。

記事を読む

[品川] 移動派に嬉しい駅ナカらーめん!TOKYO豚骨BASE made by 博多一風堂 品川店

ラーメンマシーンなわっと(@WatOno)です、どーも。 ラーメンマシーンとはなんでしょう。

記事を読む

[Life] いい夫婦の日なので今年も妻についてお話します

時が経つのは早いもので、気が付いたら結婚して早2年経っていた。 我が家には、元エイター

記事を読む

[Moleskine] 2013年の手帳システムについての悩み

今年もこの季節がやってきましたね、わっと(@WatOno)です。どーも。 年末はロフト

記事を読む

[Life] 東京は怖いとこ、電車通勤には危険がいっぱいだった

毎朝満員電車で通勤しているわっと(@WatOno)です。どーも。 たくさん人がいる分いろいろ

記事を読む

[Life] 私はこれでmoleskineをやめました、2014手帳を公開します

手帳にうるさいわっと(@WatOno)です。どーも。 先日転職をしてからどうも今までの

記事を読む

[Music] 大物アーティストたちも注目するVintage Troubleの魅力

トップチャートの大半をEDMが占めるような昨今ですが、その流れに逆行するようなバンドがメジャ

記事を読む

track feed Peanut Butter and Jelly

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です



  • わっと ( @WatOno )
    東京生まれ 南カリフォルニア育ち、神戸、伊豆を経て現在は東京在住。84年生まれ/輸入コーディネーター。

    詳しく
[NBA] マジック・ジョンソンが球団社長に就任。LAレイカーズに今何が起こっているのか。

シーズン序盤の好調な出だしもどこへやら。とうとう西カンファレン

[ロシア] シャワーが大暴れするロシアのホテル

もうロシアに来るようになって3年が経つけれど、あいかわらずこれ

[NBA] ペニー・ハーダウェイがオーランド・マジック殿堂入り!

2017年1月20日、オーランド・マジックのホームゲームの際に

[Life] いい夫婦の日なので今年も妻についてお話します

時が経つのは早いもので、気が付いたら結婚して早2年経っていた。

[Life] ベビーリーフ発芽!! -ジェイミー・オリバーを目指して-

前回までのあらすじ 日々の朝食でベビーリーフサラダを食べている我

→もっと見る

track feed Peanut Butter and Jelly
PAGE TOP ↑