*

[Music] 2014年個人的にグッときた15曲

公開日: : アート, 音楽

Museum of country music - Nashville
2014年も残す所あとわずか。今年個人的によく聴いたなとか、あれはかっこよかったなーって曲を集めてみました。

皆さんの2014年心のベストテンはどんな曲でしたか?(僕のはベストテンではないけど)

スポンサードリンク


ポップが多かった2014年

2014年は2013年に引き続き、ポップを中心に聴いていたのでとてもミーハーな感じ。でもここ数年古いものばかり聴いていたので、こうやって新曲を追うは結構新鮮。

1.ハンサムケンヤ – とおりゃんせ



確かYoutubeのおすすめ経由かなにかで聴いた曲。サビの圧倒的な言葉遊び感にはまった。


2.サカナクション – グッドバイ



始まりから終わりまで名曲の貫禄ありすぎ。サビにビリビリしびれる。いつかサカナクションの歌詞解釈も記事にしてみたい。


3.クラウド・ルー – ウララフフー



台湾のハナレグミ、クラウド・ルーのアップテンポな曲。リリースされてから一年間アンドリュー・パトニーって誰なんだろうって考えながら過ごしていた。

こちらもどうぞ:[Music] 台湾のハナレグミ、クラウド・ルーが日本でもデビューしてたから聞いてくれ


4.SAKEROCK – Emerald Music



インストバンドSakerockのベストアルバム収録曲。もともとお笑い芸人バナナマンの単独ライブ用に作曲されたもの。

夜帰宅してからこれ聴きながら晩飯作ってた。いつもよりちょっとだけ早く包丁がさばけるようになる気がする。


5.米津玄師 – アイネクライネ



東京メトロのCMソング。最初にCMを観たとき、とうとうテレビでもこの人の歌声を聴くときがきたんだなーってゾクゾクした。耳に残る歌声とメロディーなんだよなー。


6.星野 源 – Crazy Crazy/桜の森



引き続き星野源ブームは続いていて、今年の両面シングルも最高だった。最近は桜の森ばかり聴いている。

こちらもどうぞ:[Music] 星野源 「Crazy Crazy」は現代のスーダラ節なのか


7.Sam Smith – I’m Not The Only One



2014年はSam Smithの年といっても過言ではないくらい、鮮烈なデビューを飾ってから、そのまま名曲を次々とリリースして走り抜けていた感がある。圧倒的なボーカル、物悲しい歌詞、たまりません。

Money On My Mindで初めて存在をしって、なんだこれ!ってなったけど、一番好きなのは、このI’m Not The Only One。すごく切ない歌詞に、優しい歌声と綺麗なメロディーがマッチしている名曲。


8.Taylor Swift – Shake It Off



Taylor Swiftって歌もキャラクターも含めて苦手だったんだけど、最新アルバム「1989」に収録されているこの曲がきっかけで結構イメージ変わった。

ここまで崩されると気持ちが良いというか、逆に応援したくなる。その後リリースされたBlank Spaceも同じ自虐系路線ですごいなと感心するばかり。

自分のスキャンダルをこんなにネタにして、しかも力強く跳ね返すパワーのあるアーティストってなかなかいない。


9.Pharrell Williams – Happy



街中で流れていた感のあるこの曲。2013年リリースだけど、引き続き今年もよく聴いた。いい加減うんざりだって声もあるけど、ここまで純粋に踊れる曲を作れるPharrellはやはりすごいと思う。


10.Naughty Boy – Home ft. SAM ROMANS



犬目線のビデオが印象的なこの曲。こういう哀愁漂う曲が好きなお年頃になりました。Naughty Boyは、Sam Smithとの曲も好き。


11.OK Go – I Won’t Let You Down



2014年のミュージックビデオといえば、SiaのChandelierかこれかって感じ。日本で撮影されたビデオはこれでもかってくらいいろんなツボを刺激する作品になっている。

でも、それだけじゃなくて曲もキャッチーでかわいい。飽きずに聴き続けられるいい曲です。


12.Ed Sheeran – Thinking Out Loud



この曲に限らずEd Sheeranをよく耳にする一年だった。Don’tのビデオもすごかったし。

ただ、歌詞がロマンティックなのと、ビデオのダンスが惚れ惚れするのでこの曲を選んだ。冬の寒い日にあったかいもの飲みながらこの曲聴くと幸せになれる。


13.Classified feat. David Myles – Inner Ninja



2013年リリースの曲だけど、今年初めて知ってすごい聴いた曲。歌詞がとってもポジティブだし、Ninjaといいつつ完全にKarateなビデオもかわいい。モチベーションを高めるときに聴きたい曲。


14.Mark Ronson – Uptown Funk ft. Bruno Mars



腰にぐんぐんくるグルーヴと安定感のBruno Marsの歌声がたまらない曲。Bruno Marsがマイケルにやたら影響を受けているところがよくわかるビデオもかわいい。

ここ最近こういうリバイバル的なシンセガンガンのファンク多い気がする。とてもよい傾向。


15.Ariana Grande – Almost Is Never Enough ft. Nathan Sykes



最近は服買いにいくとたいがいショップ内でBreak Freeが流れている。耳にしない日はないくらいのAriana嬢。アップテンポの曲が人気のある彼女だけど、2013年リリースのこの曲はゆったりとした美しいバラードで一番のお気に入り。

現代版のLady Mamaladeとも言える「Jessie J, Ariana Grande, Nicki Minaj – Bang Bang」にも参加しているけど、存在感放っているAriana。

なにやってもかわいいーってなりまくっているので、この後どんな進化をしていくのか楽しみ。Miley路線かChristina路線か。いずれにせよ、このままスイートハートな感じでは終わらない気がする・・・。


まとめ

2014年は、Iggy Azalea、Jason Derulo、Nicki Minajばっかりかかってた感じがするけど、このあたりは苦手なので外しました。

こうみるとゆったりしている曲を好む傾向が顕著にでている気がしますね。

みなさんの気に入った曲も教えてくださいね!

ちゃお!


style="display:inline-block;width:336px;height:280px"
data-ad-client="ca-pub-4210636571126027"
data-ad-slot="3949766933">

スポンサードリンク

photo by:
track feed Peanut Butter and Jelly

関連記事

[PHOTO] 結婚式にデジタル一眼レフをもっていくべき3つの理由

photo credit: marcp_dmoz via photopin cc[/caption

記事を読む

[Music] ヒップホップは原点回帰できるのか?ケンドリック・ラマーの挑戦

photo credit: jon_elbaz via photopin cc[/caption]

記事を読む

星野源のSnow Menがエロオヤジ感出ててかっこいい – 日刊わっと 1586

2015年9月13日(日) 資生堂マキアージュ「スノービューティーⅡ」の発売を記念して

記事を読む

Toy Story woody

[動画] 実写版トイ・ストーリーが驚愕のクオリティだった!

photo credit: Arnau Amengual "Moreno" via photopi

記事を読む

[Music] ハナレグミが待望のカバーアルバムをリリースするから楽しみ過ぎて夜も眠れない!

ハナレグミが一番好きなアーティストなわっと(@WatOno)です。どーも。 前回の晴れやかなア

記事を読む

[PHOTO] 写真好きの聖地、東京都写真美術館に行こう!

サンデーフォトグラファーなわっと(@WatOno)です。どーも。 東京には写真展を頻繁に開催

記事を読む

ted bear

[Movie] 世界一邪悪なクマさん『テッド』が日本でもようやく公開!

アメリカンコメディが好きなわっと(@WatOno)です。どーも。 テッドは、しゃべ

記事を読む

次のライブはあの世で SAKEROCK LAST LIVE ARIGATO! #sakerock – 日刊わっと 1482

2015年6月2日(火) 晴れ後曇り。 夕方、インストバンドSAKEROCKの解散ライブのた

記事を読む

[動画] 閲覧注意!命綱なしでクレーンからぶらさがる男のGoPro動画がやばい!

高い所はあんまり得意ではないわっと(@WatOno)です、どーも。 ジェームス・L

記事を読む

[Design] 柳宗理という生活のデザイン。柳宗理記念デザイン研究所へ行ってきた

金沢に、柳宗理記念デザイン研究所があることを知ったのは本当に偶然だった。 たまたまバスで研究所

記事を読む

track feed Peanut Butter and Jelly

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です



  • わっと ( @WatOno )
    東京生まれ 南カリフォルニア育ち、神戸、伊豆を経て現在は東京在住。84年生まれ/輸入コーディネーター。

    詳しく
no image
[Music] 2017年版 終わりゆく夏を惜しんで10曲

夏は終わって言って悲しい限り。 その終わりゆく夏を惜しんで聴きた

no image
バスケットボール界の亀田兄弟?ロンゾ・ボールとレイカーズの未来

ここ最近ひたすらバスケットボール界を賑わしている、ボール兄弟。

no image
33歳になりました。

今年も誕生日がやってきてまた1つ歳をとった。意外だったけどロシアで過ご

no image
[Music] 2017年上半期にグッときた俺的名曲10選

今年の上半期に聴いた好きな曲をあげてきます。 リストを作

[NBA] マジック・ジョンソンが球団社長に就任。LAレイカーズに今何が起こっているのか。

シーズン序盤の好調な出だしもどこへやら。とうとう西カンファレン

→もっと見る

track feed Peanut Butter and Jelly
PAGE TOP ↑