*

僕らはいつも何かの延長線上を歩んでいく – 日刊わっと 1287

公開日: : 日刊わっと


2014年11月18日(火)

相変わらず天気の良い火曜日。

日中からあれこれと忙しくしていた1日。気がつけば出国まであと数日準備も全く進んでいない。

このままで大丈夫なのかと自分に問いかけながら迎える週中なわけです。


スポンサードリンク





ぼくたちが経験する日々の出来事って実は一つも無駄がないんだなって感じた夕べでした今夜は。

日々起こることが一つの大きな流れになって今日の1日を作っていることを感じられたことがなんとなく嬉しかった。





若い頃、複数の出来事が繋がって、点と点が線をなした時、繋がったー!っていつもテンションが上がってたけど、いまはそれかむしろ普通なことだってわかってきた気がする。

無駄なことなんてなくて、物事は必ず繋がるために起こっている。

だからこそ何かが全く関係ないことに繋がったからといってそこで驚いたりすることはないけど、それが日々をきちんと過ごしてこれた証であると再確認できて嬉しく思えるようになった。





すべての点を線でつなげるようなそんな大人でありたいなと改めて思いました。

きょうはここまで。


Composed by わっと in Tokyo 2014


style="display:inline-block;width:336px;height:280px"
data-ad-client="ca-pub-4210636571126027"
data-ad-slot="3949766933">

スポンサードリンク

track feed Peanut Butter and Jelly

関連記事

日刊わっと -優先順位- 855

2013年9月9日(月)のぶん 昨日は一日出張ででていたため、これは昨日の分。

記事を読む

-つなぎとめてくれる人に感謝しないといけないって思った- 388

2012年5月31日(木) 五月も今日で終わり。 今月はちょっとバタバタだったし、 当初の予定

記事を読む

曇りの中でお花見です – 日刊わっと 1423

2015年4月4日(土) どんより曇り空で朝は土砂降り。 あいかわらず雨男な感じ

記事を読む

日刊わっと -おひるごはん- 837

2013年8月23日(金) どんより曇ってジメジメした一日。 夜は気温は落ち着いたけど、ジ

記事を読む

日刊わっと -フィルム- 747

2013年5月25日(土) 一日曇っていて、朝方は肌寒いくらいの一日。昨日までの真

記事を読む

no image

-向上心と継続力- 日刊あるかす 16

最近毎日欠かさずやっているのがこの日記と腕立て伏せ。日記は日刊あるかすという形でナン

記事を読む

no image

-餃子- 231

2011年12月26日(月)案の定ばたばたした月曜日。今週で片付けたいことがあれもこ

記事を読む

日刊わっと -遅延を呼ぶ- 712

2013年4月20日(土) 電車待ってる。今月に入って三回目の運転見合わせ、2時間を超える遅延

記事を読む

no image

-閉店- 241

2012年1月5日(木)近所のの格安スーパーがまさかの倒産閉店。おかげで、ちょっと高

記事を読む

日刊わっと -特別- 572

2012年12月1日(土) 午前中はだいぶのんびりしてて、 午後から活動した一日。 外はかなり

記事を読む

track feed Peanut Butter and Jelly

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です



  • わっと ( @WatOno )
    東京生まれ 南カリフォルニア育ち、神戸、伊豆を経て現在は東京在住。84年生まれ/輸入コーディネーター。

    詳しく
[ロシア] シャワーが大暴れするロシアのホテル

もうロシアに来るようになって3年が経つけれど、あいかわらずこれ

[NBA] ペニー・ハーダウェイがオーランド・マジック殿堂入り!

2017年1月20日、オーランド・マジックのホームゲームの際に

[Life] いい夫婦の日なので今年も妻についてお話します

時が経つのは早いもので、気が付いたら結婚して早2年経っていた。

[Life] ベビーリーフ発芽!! -ジェイミー・オリバーを目指して-

前回までのあらすじ 日々の朝食でベビーリーフサラダを食べている我

[NBA] 新生レイカーズが面白い!期待以上のスタートにテンションが上がる!

伝説のスター、コービーブライアント引退後の初シーズン。ここまで

→もっと見る

track feed Peanut Butter and Jelly
PAGE TOP ↑