*

[Music] 星野源 「Crazy Crazy」は現代のスーダラ節なのか

公開日: : アート, 音楽

「Crazy Crazy/桜の森」(初回限定盤)(DVD・スリーブケース付)

どうかしていたいわっとです、どーも。

このブログでも何度か実は書いてますが、星野源さんのCrazy Crazyが本当に良い曲でかなり気に入っております。

今日はこの歌が、なんでグッとくるのかもう少し考えてみました。

完全復活シングル「Crazy Crazy/桜の森」



スポンサードリンク


星野源とクレイジーキャッツ

星野源さんといえば、大のクレイジーキャッツファンとしてファンには有名です。

クレイジーキャッツというのは、昭和のスーパーマルチタレントグループ。音楽、お笑い、テレビ、映画全ての分野で活躍したすごい人たちです。「しゃぼん玉ホリデー」とか「スーダラ節」とか「無責任シリーズ」とか。

クレイジー・ムービーズ VOL.1

このCrazy Crazyのプロモをみた瞬間、クレイジーキャッツだ!ってすぐにわかりました。お揃いの真っ白なスーツ、ピアノには二人。

歌を聞いていると、タイトルのクレイジーという単語以外にも

「銀幕の彼方
君が教えてくれた」

作詞作曲:星野源
2014年 「Crazy Crazy」より


と歌われていたり、画面の向こうのクレイジーキャッツに思いを馳せているのが伝わっていることが随所に伝わってきます。

星野源作品の二面性というテーマ

このCrazy Crazyは、星野源作品特有の底抜けの明るさに隠された闇が特に際立つ作品です。

闇があるからこそ輝くという発想や人生における二面性みたいなものは、アルバム「Stranger」にもかなり含まれていて、そのテーマがより突き詰められてきたのかなといった印象。

アルバム「Stranger」についてのレビューはこちら

現代のスーダラ節

このCrazy Crazyには、クレイジーキャッツのスーダラ節に似たものを感じます。

二つの歌に共通するのは、自分ではどうしようもないこと過去や現状を悲観するのではなく、笑って受け入れちゃうよというメッセージです。

スーダラ節は男の弱さという内面的な「どうしようもないこと」に焦点をあてているのに比べて、Crazy Crazyは人生における困難とかそれをとりまく環境という外的要因をとりあつかっているところに違いはありますが、自分だけではなかなか克服できないものとどう対峙するのかという点で同じアプローチをとっていることがとても興味深いです。

クレイジーキャッツリスペクトな星野源さんだからこその歌詞ともいえるかもしれません。

優しい歌声はまだ続く

Guitar
Crazy Crazyの歌詞には、「あの(歌)声」というフレーズが繰り返し登場します。

一度耳に付くとそのまま心の片隅に残っている歌声。

クレイジーキャッツのボーカル植木等さんの声はまさにそのもの、いつまで経っても色あせず人々の心にひびいています。

そしてCrazy Crazyの歌い手である星野源さんも同じように良い声の持ち主。どうしようもないことがあったときに、ふと響いてくる声をしています。

またCrazy Crazyも、かつてのスーダラ節のようにどんな状況においても、飄々と生きていたい、そう願う人の後押ししてくれるような曲なのです。

ちゃお!

星野源 7thシングル『Crazy Crazy / 桜の森』 – 特設サイト
シングル特設サイト



style="display:inline-block;width:336px;height:280px"
data-ad-client="ca-pub-4210636571126027"
data-ad-slot="3949766933">

スポンサードリンク

photo by:
track feed Peanut Butter and Jelly

関連記事

[Music] 父と娘のための名曲、くるり「言葉はさんかく こころは四角」

photo credit: annais via photopin cc[/caption]

記事を読む

[Photo] 遠い遠い銀河の果てから日本にやってきたよStormtroopers in Japan!

photo credit: Stéfan via photo pin cc[/caption]

記事を読む

[Music] ジャスティン・ビーバーのPurpose Tour Japan に参加してきた

2016年8月14日幕張メッセにJustin Bieberの来日ツアーを見に行ってきた。

記事を読む

[Photo] DJI OSMOはスタビライザー一体型の未来のビデオカメラ

GoProユーザーとしてここ最近スタビライザーの導入を検討していたのだけど、ここへ来てDJI

記事を読む

[Music] 大物アーティストたちも注目するVintage Troubleの魅力

トップチャートの大半をEDMが占めるような昨今ですが、その流れに逆行するようなバンドがメジャ

記事を読む

[Music] くるりの「東京」にみる新たなる環境で覚悟を決めるということ

photo credit: Jun Takeuchi via photopin cc[/capti

記事を読む

ted bear

[Movie] 世界一邪悪なクマさん『テッド』が日本でもようやく公開!

アメリカンコメディが好きなわっと(@WatOno)です。どーも。 テッドは、しゃべ

記事を読む

[映画] フィルムの中に見る魅力的な街 ニューヨーク

日本に帰国する飛行機で、キャプテン・アメリカなどで知られるクリス・エヴァンスの初監督作品、"

記事を読む

[Music] ヒップホップに愛を、ラップを聴くならCOMMONがオススメ!

photo credit: Erik Daniel Drost via photopin cc[/

記事を読む

[Dance] 2014年版ダンサーじゃなくてもすげーってなるダンスミュージックビデオ 9本

ダンサーではないわっとです、どーも。 ダンサーではないけど、かっこいいダンスを見るのは

記事を読む

track feed Peanut Butter and Jelly

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です



  • わっと ( @WatOno )
    東京生まれ 南カリフォルニア育ち、神戸、伊豆を経て現在は東京在住。84年生まれ/輸入コーディネーター。

    詳しく
no image
[Music] 2017年版 終わりゆく夏を惜しんで10曲

夏は終わって言って悲しい限り。 その終わりゆく夏を惜しんで聴きた

no image
バスケットボール界の亀田兄弟?ロンゾ・ボールとレイカーズの未来

ここ最近ひたすらバスケットボール界を賑わしている、ボール兄弟。

no image
33歳になりました。

今年も誕生日がやってきてまた1つ歳をとった。意外だったけどロシアで過ご

no image
[Music] 2017年上半期にグッときた俺的名曲10選

今年の上半期に聴いた好きな曲をあげてきます。 リストを作

[NBA] マジック・ジョンソンが球団社長に就任。LAレイカーズに今何が起こっているのか。

シーズン序盤の好調な出だしもどこへやら。とうとう西カンファレン

→もっと見る

track feed Peanut Butter and Jelly
PAGE TOP ↑