*

[本] 芥川賞作家 柴崎友香の隠れた名作「エブリバディ・ラブス・サンシャイン」がすごく好きなんです

公開日: : 最終更新日:2015/07/27 アート, 読書

Eternal Sunshine of the Spotless Mind
わっとです、どーも。

何も無いけどなにかある、人々の日常を小説にする柴崎友香さんが四回目の候補にして、芥川賞受賞と聞き、一ファンとして喜んでます。

芥川賞に柴崎友香氏「春の庭」 直木賞は黒川博行氏「破門」  :日本経済新聞
柴崎氏は記者会見で「受賞はゴールではなく新しいスタート。」とコメント。


彼女の作品は、何も起こらず日々が淡々と流れていきます。

そこには、普通の人たちの息づかいがあって、普通に流れる時間の中で主人公がいろんなことを考えて、悩んで、気づいて少しずつ日常を過ごしていく感じがたまらなくグッときます。

そんな数々の日常を描いた作品の中で、僕が一番読み返している作品が短編の「エブリバディ・ラブス・サンシャイン」

「次の町まで、きみはどんな歌をうたうの?」に併収されている作品です。

スポンサードリンク


ずっと寝ていた女子大生の話

この話は、失恋のショックに落ち込んで、何もする気がおきなくなった女子大生の話です。

それ以上でもそれ以下でもなく、悲劇的な失恋でもないし、そこから力強く主人公が立ち直るという話でもありません。

ただ、主人公が悩んで、悩んで、人の話をきいて、また悩む。どこにでもあるようなありきたりな普通の話です。

でも、その中にドラマが潜んでいる。何も起きないのに、何かがあるのです。


なんでもないのにグッとくる言葉

この作品には、読んでいると見過ごしてしまいそうな隠れたかっこいい言葉がいくつもあります。

「わたしのいるところから二メートル向こうのステージにいるスピリチュアルライズドの歌を歌う人は、青い光の下でギターを弾き、ときどき思い出したように何曲か歌った。」

エブリバディ・ラブズ・サンシャイン 柴崎友香


主人公が友人に誘われてライブにいったときの描写。

この「ときどき思い出したように」っていうのがグッとくる。ボーカルなんだから、歌ってて当然なのに、なぜかすごくしっくりくる表現。海外のバンドでたまにこういうボーカルいるよなぁって妙に感心した。


「わたし、お酒の中で、ここで飲むハーパーがいちばん好きやわ。世界一おいしいお酒とちゃうかと思う」

エブリバディ・ラブズ・サンシャイン 柴崎友香


この文章のおかげでハーパー飲むようになった。ハーパーっていうのは、IW HARPERっていうバーボン・ウィスキーのこと。

ハーパーの優しい味は幸せな気分に浸らせてくれる。


「二十五までは、寝ますよ。眠いです。だけど二十五過ぎたら大丈夫ですから」 エブリバディ・ラブス・サンシャイン 柴崎友香


主人公が先生に常に眠たいんですと相談したときに先生がいった衝撃の一言。僕自身、若い頃は眠たいときによくこの言葉を思い出してた。

今も少し眠いけど、あの頃ほどじゃない気もするなぁ。


「ここに来る前にね、ファミマに行ってセブンスター買おうと思ったらないって言われて、ここのローソンでも売り切れって言われたんだ。なんかロックを感じた」

エブリバディ・ラブス・サンシャイン 柴崎友香


そんな感じた方あるのかとおもうけど、仲間内でひとりだけいるよなーこういうセンスしている子って思ってしまった一言。

内田裕也かって感じもありつつ、でもグッとくる。かっこいい表現だった。

lawson
僕たちの生活の中にも、こういうかっこいい言葉が隠れていて、目の前を通りすぎていってるのかもしれません。そう考えると、そういった瞬間をとらえて、言葉にできる作者の力を感じますし、柴崎作品の大きな魅力だと思います。


日常こそが最も魅力的

ただ失恋した女の子が、その傷を引きずりながらもすこしずつ前向きになっていくだけの話にこれだけのドラマを感じさせてくれるこの作品。

日常というものには、見過ごされ勝ちな魅力があって、そこに気がつく人はこんなにも日々が色鮮やかにみえるということを教えてくれます。

古本屋などでも安価で手に入りますし、この物語だけなら短いので立ち読みだけでも読めてしまうかも。

おすすめです!

ちゃお!



style="display:inline-block;width:336px;height:280px"
data-ad-client="ca-pub-4210636571126027"
data-ad-slot="3949766933">

スポンサードリンク

photos by: &
track feed Peanut Butter and Jelly

関連記事

[iPhone] Instagramだけで撮影されたウェディング写真がすごい

iPhoneで写真を撮る事が日課なわっと(@WatOno)です。どーも。 Kim. A

記事を読む

[スピーチ] 人生の失敗から得られる「自分らしさ」

スティーヴ・ジョブスが、スタンフォード大学の卒業式で「Stay Hungry, Be Foo

記事を読む

[映画] フィルムの中に見る魅力的な街 ニューヨーク

日本に帰国する飛行機で、キャプテン・アメリカなどで知られるクリス・エヴァンスの初監督作品、"

記事を読む

[Design] 同一フォントだけで描かれたスーパーヒーローがしぶい!

photo credit: Eneas via photo pin cc[/caption] 美

記事を読む

[メディア] いい話すぎる!世界のおもちゃメーカーLEGO社の歴史アニメ!

代々ブロック好きな家系で育ったわっと(@WatOno)です。どーも。 LEGOといえば世界

記事を読む

他人の期待に本当に応えるために考える事|SAPPORO黒ラベル『大人エレベーター』

自分らしさについて考えたりしている@WatOnoです。 表現したり、発言したり、文章を

記事を読む

[Music] 星野源がiTunesで全曲一斉配信したから最近のシングルを購入したよ!

元Sakerockの星野源が2015年6月23日よりこれまで配信されていなかった音源を一斉配

記事を読む

[Music] あるバーのマスターとの約束

大学生の頃、所沢のレコード屋でジェームス・ブラウンのレコードを買った時に、店主が、 「

記事を読む

no image

柴崎友香 春の庭を読んでいる – 日刊わっと 1236

2014年9月27日(土) この滞在中最後の出張初日。だいぶ暖かい一日だったけど、17度くらいで1

記事を読む

[PHOTO] 写真を撮るだけでなぜセルフ・ブランディングができるのか

「アスファルトは萌える」と公言してはばからないサンデー・フォトグラファーなわっと(@WatOno

記事を読む

track feed Peanut Butter and Jelly

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です



  • わっと ( @WatOno )
    東京生まれ 南カリフォルニア育ち、神戸、伊豆を経て現在は東京在住。84年生まれ/輸入コーディネーター。

    詳しく
no image
[Music] 2017年版 終わりゆく夏を惜しんで10曲

夏は終わって言って悲しい限り。 その終わりゆく夏を惜しんで聴きた

no image
バスケットボール界の亀田兄弟?ロンゾ・ボールとレイカーズの未来

ここ最近ひたすらバスケットボール界を賑わしている、ボール兄弟。

no image
33歳になりました。

今年も誕生日がやってきてまた1つ歳をとった。意外だったけどロシアで過ご

no image
[Music] 2017年上半期にグッときた俺的名曲10選

今年の上半期に聴いた好きな曲をあげてきます。 リストを作

[NBA] マジック・ジョンソンが球団社長に就任。LAレイカーズに今何が起こっているのか。

シーズン序盤の好調な出だしもどこへやら。とうとう西カンファレン

→もっと見る

track feed Peanut Butter and Jelly
PAGE TOP ↑