*

[NBA] 才能は遺伝する?NBAの二世プレイヤーたち

公開日: : 最終更新日:2013/09/11 スポーツ

Kobe
NBA好きなわっと(@WatOno)です。どーも。

昨今本当に良く二世選手をみかけるようになりました。去年大活躍したカリーなどがまさにそれです。NBAもそういう時代に入ってきたということかもしれません。

そこで、今回はNBAで活躍した、または活躍している二世選手の代表格を何人かピックアップしてみます!

スポンサードリンク


コービー・ブライアント

言わずと知れたレイカーズのエースにして現役最多ファイナル優勝選手コービー。そのお父さんはジョー・“ジェリビーン”・ブライアント選手。

ジョー・ブライアントは、彼の時代の選手には珍しく大学を卒業せずにNBA入りをしたヤングスター、コービーも高校からNBA入りをするなど共通点も多いです。



ステフ・カリー

今NBAで最もエキサイティングな選手のひとりといえる、ウォリアーズのステフ・カリー。レジー・ミラーのもつシーズン最多3P成功数記録を抜くなど、たしかな技術とスターパワーをもった選手です。

このステフのお父さんは、デル・カリー。90年代NBAファンには懐かしい、シャーロット・ホーネッツなどでいぶし銀のスリーポイント職人として活躍した選手です。

スリーポイントシューターは家系なのでしょうか?



ケヴィン・ラブ

2012年夏季オリンピックでアメリカ代表にも選ばれたラヴ。インサイド、アウトサイドともに得点もとれる素晴らしい選手です。

そんなラブのお父さんはスタン・ラヴ。1971年〜1975年までワシントン・ブレッツでプレーした選手です。ちなみに、このスタン・ラヴのお兄さんはビーチ・ボーイズのブライアン・ラヴ。

カリフォルニア育ちでおじさんがビーチ・ボーイズとか西海岸の象徴みたいな存在ですね。



ピート・マラビッチ

アメリカで育ったバスケットボール少年が避けて通れないであろう名前がピート・マラビッチ、通称“ピストル・ピート”

時代をさきどりしたプレースタイル、圧倒的なスキルと得点力で活躍したスター選手です。

そのお父さんもまたNBAの前身のNBLとBAAで1945年から1947年までプロとしてプレーしていました。その後監督に転身し、ルイジアナ州立大学監督時代には息子のピートもチームに所属していました。



ジェイレン・ローズ

90年代初頭、バスケットボール界を変えたミシガン大学Fab Fiveの一員として知られるジェイレン・ローズ。

2メートルを越える長身でありながら、ボールハンドリング力があり得点力のあるポイントガードとしてNBAで活躍しました。

そんな彼の父親、ジミー・ウォーカーは1967年〜1976年にNBAで活躍した選手。1967年ドラフトの全体1位でデトロイトに指名され、2度のオールスターに選ばれる等かなりの活躍をしました。

しかし、この家庭は事情がやや複雑です。シングルマザーに育てられたジェイレン・ローズは、大人になるまで実の父であるジミー・ウォーカーにあったことがなかったそうです。



きょうのごほうび

  • 父を越えていけ

この他にも、ビルとルーク・ウォルトン親子やリックとジョン/ブレント・バリー親子。さらに、パトリック・ユーイング親子など、NBAにも二代にわたってプレーした例は結構ありました。

しかし、その中で父を越えて大活躍した選手は一握り。ましてや親子ともにオールスター、殿堂入りといった親子はいなさそうなのが現状です。

若い世代にはぜひ、上の世代を越えていってほしいものですね。

ちゃお!




style="display:inline-block;width:336px;height:280px"
data-ad-client="ca-pub-4210636571126027"
data-ad-slot="3949766933">

スポンサードリンク

track feed Peanut Butter and Jelly

関連記事

[NBA] ペニー・ハーダウェイ、親友との約束

photo credit: JoshuaDavisPhotography via photopin

記事を読む

[バスケ] コービーの引退発表によせて

まだLakersがGreat Western Forumでプレイしていた頃、現地で観戦していた僕は、

記事を読む

[NBA] 史上最速PG、アイバーソンが正式に引退へ!

photo credit: Keith Allison via photopin cc[/capt

記事を読む

[バスケ] 引退試合で60点!コービー有終の美を飾る! #THANKYOUKOBE #mambaday #lakersjp

2016.04.13とうとうこの日がやってきた。 コービー・ブライアントの引退試合。相

記事を読む

[Sports] 京都から東京までを駆け抜けるPumaのIGNITE YOUR CITY

Pumaのランニングギア広告の一環として、Youtubeに公開されているIGNITE YOU

記事を読む

[バスケ] 史上最高のバスケットボール選手が語る引退の素晴らしさ

先日、LAレイカーズのコービーブライアントが引退を発表。バスケットボールに向けられた詩に対し

記事を読む

[NBA] 5都市横断ストリートバスケのフラッシュモブ

今年もヒートが優勝するんじゃないかなと想像しているわっとです、どーも。 さて、NBAプ

記事を読む

[NBA] 2016NBAドラフト候補選手たち

先日アメリカ大学バスケットボールも終わり、NBAシーズンも残すところ数試合。 プレイオ

記事を読む

[NBA] ペニー・ハーダウェイがオーランド・マジック殿堂入り!

2017年1月20日、オーランド・マジックのホームゲームの際に、元NBAスターのアンファニー

記事を読む

[NBA] おめでとう!ゲリー・ペイトンがバスケットボール殿堂入り!

photo credit: picdrops via photopin cc[/caption]

記事を読む

track feed Peanut Butter and Jelly

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です



  • わっと ( @WatOno )
    東京生まれ 南カリフォルニア育ち、神戸、伊豆を経て現在は東京在住。84年生まれ/輸入コーディネーター。

    詳しく
[NBA] マジック・ジョンソンが球団社長に就任。LAレイカーズに今何が起こっているのか。

シーズン序盤の好調な出だしもどこへやら。とうとう西カンファレン

[ロシア] シャワーが大暴れするロシアのホテル

もうロシアに来るようになって3年が経つけれど、あいかわらずこれ

[NBA] ペニー・ハーダウェイがオーランド・マジック殿堂入り!

2017年1月20日、オーランド・マジックのホームゲームの際に

[Life] いい夫婦の日なので今年も妻についてお話します

時が経つのは早いもので、気が付いたら結婚して早2年経っていた。

[Life] ベビーリーフ発芽!! -ジェイミー・オリバーを目指して-

前回までのあらすじ 日々の朝食でベビーリーフサラダを食べている我

→もっと見る

track feed Peanut Butter and Jelly
PAGE TOP ↑