*

[Life] 東京は怖いとこ、電車通勤には危険がいっぱいだった

公開日: : 最終更新日:2013/08/10 私生活



毎朝満員電車で通勤しているわっと(@WatOno)です。どーも。

たくさん人がいる分いろいろとトラブルもあります。

そんななか、とあるトラブルを先日目撃しました。


スポンサードリンク



満員電車内でのトラブル

それはほんとに突然でした。

いきなり、「今、押したでしょ」と女性が大声をあげたのです。

「あ?押してないんっすけど」と男性の声。

「突き飛ばしたじゃない、サイアク!」

「何カメラむけてんだよ」

「カシャ」

「勝手に撮んなよ」

どうやら、おされた女性がいきなり相手の男性の写真を携帯かなにかで撮影したようです。

ありえない!と吐き捨ててその女性は次の駅でおりて行きました。


写真ってありなの?

僕はこの揉めてる二人を背にしてたので、状況は見えませんでした。

押したところもみてないから、どっちが事実に近いのかもわかりません。

ですが、一般的に押したり、突き飛ばしたりするのはアウトです。場合によっては罰則有りなレベルです。

その場で男性が軽く謝ればこんなことにはならなかったかもしれません。

しかしその一方で、写真を撮るという行為は、アリなのでしょうか。


おそらくアリだけど、かなりきわどい

別に判例調べたわけでもなく、私の偏ったリーガルマインドで判断すると、まあ多分ギリギリセーフなのかなーとおもいます。

ギリギリというのは、加害者とされる押した人が、たしかに、押していたという事実を前提としていて、なおかつそれを証明する証拠として写真が適切と認められるならばということだとおもいます。

超適当に書いてるけど。

仮に、この男性が押していないことを証明することができるのであれば、アウトでしょう。


報復行為としての撮影はアウトだとおもう

んで、もちろんこの状況においてそんな冷静な話し合いなど無理なわけですし、この女性も証拠というよりも報復的なニュアンスが近かったとおもいます。

仮に男性が押していなかったとして、この写真を「こいつが私を突き飛ばした犯人」などと書かれてネットに公開などされたらたまりません。

さらにいえば、押されたとしても、そこで私刑的に処分してしまうというのはどうなんでしょう。

防衛手段だとしても過剰過ぎる気もしてしまいます。


自分が求めるものを明確にすることは大切

結局自分の感情にまかせて行動しすぎるからこのような過剰な防衛になってしまう気がします。

押されて腹がたったのはわかりますが、そこで同じようにやり返してしまっては自分も同じ部類の人間になってしまいます。

なにかもう少し冷静な判断をしてほしかったなーとおもいます。

もちろん、突き飛ばしたり、暴力はダメですけどね。


きょうのまとめ

  • 権利の範囲について考えよう

  • この女性の場合、押されたと思っているので犯人をおさえておくのは当然だったのでしょう。

    しかし、満員電車内で誰も身動きできない中、相手を犯人として写真をとってしまうのは正直やりすぎだとおもいます。

    せめて、名乗らせたりした上で、応じなかったら写真を取るなど、なんというかもう少し小さいステップを踏むべきだったんじゃないのかなぁと思うわけです。

    こんなぎすぎすしたことが日常的におこる東京という街ですが、あなたはどう感じましたか?

    あなたは女性派?男性派?それとも、知らないふり、関わらないつもりでいたわっと派ですか?

    きょうはここまで。






style="display:inline-block;width:336px;height:280px"
data-ad-client="ca-pub-4210636571126027"
data-ad-slot="3949766933">

スポンサードリンク

track feed Peanut Butter and Jelly

関連記事

[Life] 浅草寺でしょ、東京観光といえば!

実は東京生まれなわっと(@WatOno)です。どーも。 東京で育つと(しかも23区外)、実は

記事を読む

[Beer] スカイツリーの真下で世界のビールを堪能できる!世界のビール博物館!

ビールといえばお酒でお酒といえばビールです、わっと(@WatOno)です。どーも。

記事を読む

[Life] 空旅を快適にするパーカー Burton Sleeper Hoodie

飛行機を使った空旅はあっという間に目的地につくのでとても便利な反面、結構体力を消耗するという

記事を読む

[Tech] 家庭のペーパーレス化を加速する! ScanSnap S1100を購入した!

photo credit: [email protected] via photo pin cc[/capt

記事を読む

[Life] 深夜ラジオの魅力を自分のコンテンツにも取り込みたい

ラジオっ子だと思ったことはないけど、子どもの記憶には結構な割合でラジオがある。 朝の食

記事を読む

[旅] 南カリフォルニアほど特別な場所はない

父の仕事の関係で、11歳〜17歳までカリフォルニア州のロスアンジェルス近郊で暮らしていた。

記事を読む

[吉祥寺] 大人になったのでいせや総本店でひとり飲みしてきた

三十路までのカウントダウンが始まっているわっと(@WatOno)です。どーも。 大人に

記事を読む

[Life] 会社倒産の前夜、心斎橋の夜には笑い声があふれていた その1

photo credit: meltedplastic via photopin cc[/capt

記事を読む

[Life] 理想のお客様に自分がなること

引っ越しが迫っており、いろんな業者さんに会う機会がある。 不動産屋さん、引っ越し業者さ

記事を読む

[Music] ジャスティン・ビーバーのPurpose Tour Japan に参加してきた

2016年8月14日幕張メッセにJustin Bieberの来日ツアーを見に行ってきた。

記事を読む

track feed Peanut Butter and Jelly

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です



  • わっと ( @WatOno )
    東京生まれ 南カリフォルニア育ち、神戸、伊豆を経て現在は東京在住。84年生まれ/輸入コーディネーター。

    詳しく
no image
[Music] 2017年版 終わりゆく夏を惜しんで10曲

夏は終わって言って悲しい限り。 その終わりゆく夏を惜しんで聴きた

no image
バスケットボール界の亀田兄弟?ロンゾ・ボールとレイカーズの未来

ここ最近ひたすらバスケットボール界を賑わしている、ボール兄弟。

no image
33歳になりました。

今年も誕生日がやってきてまた1つ歳をとった。意外だったけどロシアで過ご

no image
[Music] 2017年上半期にグッときた俺的名曲10選

今年の上半期に聴いた好きな曲をあげてきます。 リストを作

[NBA] マジック・ジョンソンが球団社長に就任。LAレイカーズに今何が起こっているのか。

シーズン序盤の好調な出だしもどこへやら。とうとう西カンファレン

→もっと見る

track feed Peanut Butter and Jelly
PAGE TOP ↑