*

[PHOTO] 自分の使命について考える、ハービー・山口作品展「代官山17番地 ―写真家になる日―」を観てきた。

公開日: : 最終更新日:2013/06/14 アート , ,



写真は撮るのも見るのも好きなわっと(@WatOno)です、どーも。

僕が好きな写真家さんでハービー・山口さんという方がいらっしゃいます。人々の希望を写すような心温まるポートレートが印象的な写真家さんです。

今回、半蔵門にあるJCIIフォトサロンで、2013年6月4日(火)~6月30日(日)までハービー・山口作品展「代官山17番地 ―写真家になる日―」が開催されていると知り、早速見にいってきました。

作品をみるのは、4月のNHKスタジオパークぶりでした。

JCIIフォトサロン:ハービー・山口作品展「代官山17番地 ―写真家になる日―」
70点程度が展示されている



スポンサードリンク


時代を感じるドキュメント


現在は代官山アドレスとなった、同潤会代官山アパートは、1996年に取り壊される直前と直後を追った作品群の展示。

既に写真集が発表されて、時間がかなりたっていますが、懐古的なあたたかい写真集のそれとはちがい、取り壊されていく様を追った作品も多く含まれた現実のドキュメントとしての展示でした。

1996年といえば、僕は小学校6年生。ちょうど作品にうつっている子どもたちは僕と同世代で、まったく関係がない場所で育ったのに不思議な親近感がわきます。

乱雑に放置された雑誌に「オウム」の文字がでかでかと書かれていたり、当時のエッセンスを十分に感じさせてくれる作品が多い印象でした。


使命と出会うということ

写真家になる日とは、カメラを手に入れた日ではなく、撮るべき被写体に出会った日なのだとつくづくと思う。

展示より


今回特に胸をうたれたのは、作品もさることながら、この言葉でした。

これが自分の使命だと感じて仕事をできること、これを作り上げるのは自分しかいないと創作できること、これほど幸せな状況はないと、僕は考えます。

プロになるというのは、道具をそろえたからプロになるのではなく、自分の使命を知った日がプロになる日なんだなーとあらためて考えさせられました。

ちょうど、新たに職を探している状況でこの言葉に出会えた事。仕事や生き方について考えさせるひとことでした。


きょうのごほうび


・自分の使命と向き合えているか

何かがなくなり、何かが生まれる瞬間は、切なくて美しい。それを形にして残しておく事を使命ととらえた作者の思いが伝わってくる本当に良い展示でした。

展示の中で、自分の使命と向き合い、いろいろな角度からその瞬間を形にすることに全力を尽くされていたんだなーというのがすごく強く感じ取れた。


当日ちょうど在廊中だったハービーさんと少しだけお話する機会があり、ありがたいことに図録にサインまでしていただいた。

徐々に自分の求めるところへ近づいていけばいいんですよ、という言葉に勇気をいただき、あらためて今回の機会にとても感謝しました。ありがとうございました。

余談だけれど、これまでハービーさんの作品は、人々のポートレートがいいなぁと感じていましたが、今回の作品群では特にアスファルトやコンクリートの写し方がすごくよかった。

すごい発見。

僕のようなアスファルト写真マニアにはたまらない展示でもありましたよ。

ちゃお!




style="display:inline-block;width:336px;height:280px"
data-ad-client="ca-pub-4210636571126027"
data-ad-slot="3949766933">

スポンサードリンク

track feed Peanut Butter and Jelly

関連記事

[Life] 20年ぶりにミニ四駆作りに挑戦したけどやや失敗した。走るには走る。

少し時間が経ったけど、32歳の誕生日に友人からミニ四駆をプレゼントされた。 僕らの世代は小学生の頃

記事を読む

[Music] ヒップホップは原点回帰できるのか?ケンドリック・ラマーの挑戦

photo credit: jon_elbaz via photopin cc[/caption]

記事を読む

[映画] フィルムの中に見る魅力的な街 ニューヨーク

日本に帰国する飛行機で、キャプテン・アメリカなどで知られるクリス・エヴァンスの初監督作品、"

記事を読む

[映画] オスカー俳優デンゼル・ワシントンが必ず言うあの台詞って何?

photo credit: afagen via photopin cc[/caption]

記事を読む

[動画] ニューヨークにアラジンと魔法のじゅうたん現る

ハロウィンは終わってやや経ちますが、渋谷で大騒ぎが行なわれている頃、ニューヨークでも大変なこ

記事を読む

[Music] 星野源 アルバム『Stranger』に詰め込まれた生きるということの全て

『人生の節目には必ずJ-POPがある』と高校生にして断言した友人をもつわっと(@WatO

記事を読む

[Photo] 遠い遠い銀河の果てから日本にやってきたよStormtroopers in Japan!

photo credit: Stéfan via photo pin cc[/caption]

記事を読む

[Dance] Lacoste L!VEの異才バレリーナSONOYA MIZUNOが気になる!

photo credit: elif ayse via photopin cc[/caption]

記事を読む

[Music] あるバーのマスターとの約束

大学生の頃、所沢のレコード屋でジェームス・ブラウンのレコードを買った時に、店主が、 「

記事を読む

[ART] 「レオ・レオニ 絵本のしごと」展にみたレオニの哲学

子どもの頃からたくさんの絵本にふれて育ったわっと(@WatOno)です、どーも。

記事を読む

track feed Peanut Butter and Jelly

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です



  • わっと ( @WatOno )
    東京生まれ 南カリフォルニア育ち、神戸、伊豆を経て現在は東京在住。84年生まれ/輸入コーディネーター。

    詳しく
[Life] いい夫婦の日なので今年も妻についてお話します

時が経つのは早いもので、気が付いたら結婚して早2年経っていた。

[Life] ベビーリーフ発芽!! -ジェイミー・オリバーを目指して-

前回までのあらすじ 日々の朝食でベビーリーフサラダを食べている我

[NBA] 新生レイカーズが面白い!期待以上のスタートにテンションが上がる!

伝説のスター、コービーブライアント引退後の初シーズン。ここまで

[Music] 2016年下半期にグッときた俺的名曲10選

またこの時期がやってきたので、今年の下半期に聴いた好きな曲をあ

[Life] コリアンダーとベビーリーフ栽培始まる -ジェイミー・オリバーを目指して-

先日ご報告した通り、我が家ではベランダでローズマリーを育てている。

→もっと見る

track feed Peanut Butter and Jelly
PAGE TOP ↑