*

[漫画] バイクにも乗らない僕が『湘南爆走族』が好きな理由

公開日: : 最終更新日:2015/07/27 ブログ, 私生活, 読書

湘南爆走族 [少年向け:コミックセット]

暴走族でもヤンキーでもない品行方正なわっと(@WatOno)です。どーも。

突然ですが、僕が最も好きな漫画は、「湘南爆走族」 、通称、「湘爆(しょうばく)」です。

湘南爆走族は、1982年〜1988年まで少年KINGで連載されていた暴走族マンガで、不良暴走族マンガの原点的作品。ハチヨン世代的には、リアルタイムではりませんが、大好きです。

暴走族同士の抗争など重たいシーンもありながら、全編にわたって青春要素と癖になるギャグがかなり多く、 「今日から俺は」がさらにポップになった感じをイメージしてくれればわかりやすいかと。

小学生のころに、風で学校を休んでいて熱が下がるまで眠れずにたまたま本棚でみかけたのを読んだときから虜です。布団の中で熱にうなされながら、涙流して笑った記憶があります。あれは大変だった。

スポンサードリンク


みんないいやつだから好き

持論ですが、良い少年漫画を構成する要素に「登場人物すべてがいいやつ」というのがあります。

ドラゴンボールもスラムダンクも。登場人物どれをとっても捨てキャラじゃない、どこか愛着が湧いてしまう、これってすごい大切な要素だと思います。

湘爆は、主人公の江口洋介をはじめとして、チームのメンバー、OB、クラスメイト、ライバル、どのキャラクターもとても魅力的でいいやつです。
カプセル 湘南爆走族フィギュア シークレット入り全7種セット

主人公最大のライバル、地獄の軍団リーダーの権田二毛作が、恋する話とかなかなかふつうの暴走族漫画ではお目にかかれません。これがまた顔に似合わず超さわやか。


癖になるフレーズが多すぎるから好き

湘爆には、数々の名セリフがあります。

「思い出の品物ってできる瞬間はあっけねーな」
「恋人を失った傷にもぐりこめば傷は塞がった気になるかもしれねぇ。けど…カサブタができるころになってそこに挟まってるモンが気になってくるんじゃねーかな…それでいつかはしらけちまうんだ。そーいうのをおめぇ、カッコワルイっていうんだよ。」
「めでてーということで」
「志賀直哉の『エンヤコーラ』」
「カニは虫の中で一番うまい」

くっさいセリフもあるし、何いってんのか全くわからないギャグセリフもありますが、この漫画の言葉がもつ力はすごいです。

人生について考えさせられるフレーズが多いのです。


決めるときは決める二面性が好き

上記のセリフでもわかるとおり、普段はひょうきんで愉快な面々が、きめるときはびしっと決めるそのギャップが好きです。

手芸部内での腕相撲大会とか体育祭の棒倒しとか、めちゃめちゃくだらない話で一話使い切ったかと思えば、ライバルの部活ネタ(汗臭いスポ根)で数話費やしてみたり、話のトーンのふり幅がすごいのです。

それがキャラクターたちのそれぞれの個性を浮き彫りにさせて、活き活きと感じさせてくれています。


学生時代のモラトリアムにリアリティを感じられるから好き

小学校時代は単純にくだらないギャグ漫画といった読み方をしていましたが、ある程度、歳をとってから読み返してみると、そこには学生時代の青春とモラトリアム感に心をグッとつかまれます。

高校入学から卒業そして進路を決めてそれぞれの道を歩んでいく登場人物たち。

三年間という限られた時間の中をめいっぱい駆け抜ける登場人物たちはとても魅力的です。

読者は、自分の学生時代をある意味投影して読むことができる、そして物語に引き込まれていきます。特に卒業式の話はぐっときます。


今日のごほうび

photo credit: Guwashi999 via photopin cc

photo credit: Guwashi999 via photopin cc



・青春漫画としてもギャグ漫画としても秀逸
涙流してわらったり、ついついセリフを真似してしまったり、ギャグ漫画としても秀逸ですし、青春ものとしても最高です。

なかにはかなり暴力的な喧嘩シーンもありますが、最後はかならず報われるエンディングが用意されているのも、なにか安心感がある漫画です。

なかなか古い作品なので、若い世代にはなじみが薄いかもしれませんが、ぜひ読んでいただきたいです!

ちゃお!



style="display:inline-block;width:336px;height:280px"
data-ad-client="ca-pub-4210636571126027"
data-ad-slot="3949766933">

スポンサードリンク

track feed Peanut Butter and Jelly

関連記事

[ロシア] あともう一歩が足りないロシアのホテル

帰国致しましたわっとです、どーも。 ここ最近はすっかりロシア滞在ネタばかりで誰得感満載になりつ

記事を読む

[Life] 理想のお客様に自分がなること

引っ越しが迫っており、いろんな業者さんに会う機会がある。 不動産屋さん、引っ越し業者さ

記事を読む

[ライフログ] 多忙すぎるときこそ無理してでもログを残すべき理由

photo credit: Pink Sherbet Photography via photop

記事を読む

[ネタ] もう30歳か・・・と思わず感じる30のサイン

photo credit: bfick via photopin cc[/caption]

記事を読む

[Beer] 夜プール ビアガーデンで開放的な夏の夜を満喫した!

夏といえば、ビールが美味しい季節。ビールが好きなわっと(@WatOno)です。どーも。

記事を読む

[ブログ] 執筆後記 『会社倒産の前夜、心斎橋の夜には笑い声があふれていた』を書き終えて

photo credit: Creativity+ Timothy K Hamilton via

記事を読む

[Life] 妻の「なんか話をして」問題

我が家は日頃のコミュニケーションが足りないので、よく妻に「なんか話して」と言われてしまう。

記事を読む

[Life] 方言へのあこがれってあるよね、出身地鑑定!! 方言チャートをみておもった

生まれは東京都下、育ちは南カリフォルニアなわっと(@WatOno)です。どーも。

記事を読む

[企画] Twitterブログミーティングに参加してるよ! #twBlogMTG

移動ブロガーなわっと(@WatOno)です。どーも。 今日はTwitterを活用したブ

記事を読む

iphone

[ブログ] モブログは手段、ゴールではない #ブロネク

photo credit: Ian Muttoo via photopin cc[/caption

記事を読む

track feed Peanut Butter and Jelly

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です



  • わっと ( @WatOno )
    東京生まれ 南カリフォルニア育ち、神戸、伊豆を経て現在は東京在住。84年生まれ/輸入コーディネーター。

    詳しく
no image
[Music] 2017年版 終わりゆく夏を惜しんで10曲

夏は終わって言って悲しい限り。 その終わりゆく夏を惜しんで聴きた

no image
バスケットボール界の亀田兄弟?ロンゾ・ボールとレイカーズの未来

ここ最近ひたすらバスケットボール界を賑わしている、ボール兄弟。

no image
33歳になりました。

今年も誕生日がやってきてまた1つ歳をとった。意外だったけどロシアで過ご

no image
[Music] 2017年上半期にグッときた俺的名曲10選

今年の上半期に聴いた好きな曲をあげてきます。 リストを作

[NBA] マジック・ジョンソンが球団社長に就任。LAレイカーズに今何が起こっているのか。

シーズン序盤の好調な出だしもどこへやら。とうとう西カンファレン

→もっと見る

track feed Peanut Butter and Jelly
PAGE TOP ↑