*

[Music] ハナレグミ アルバム「だれそかれそ」が開く名曲の可能性

公開日: : アート, 音楽 , ,



ハナレグミ大ファンのわっと(@WatOno)です、どーも。

先日、購入いたしました待望のハナレグミ 新アルバム「だれそかれそ」。全曲カバーのこの作品もすばらしい名曲ぞろいでしたのでご紹介いたします。

ずっと待ってたぜ!
[Music] ハナレグミが待望のカバーアルバムをリリースするから楽しみ過ぎて夜も眠れない! | Peanut Butter and Jelly
ようやく我が家にもやってきましたよ!


スポンサードリンク


『帰ってから〜』以降ひさびさのカバー作

ハナレグミといえば、オリジナルももちろん素晴らしいですが、カバーでもこれまでにたくさんの名曲を生んできています。

くるりの「男の子と女の子」やCurtis Mayfieldの「People Get Ready(日本語詞)」など、あげだしたらきりがありません。

そんなハナレグミ、いつかはカバーアルバムやってほしいなーとおもっていましたが、そのいつかがいきなりやってきたわけです。たまりません。

ということで、さらっと全曲紹介いたします。
 

01. Hello, my friend(松任谷由実)

予想通りのしっとりめな入りの一曲。弾き語りですっとはいってくる。

ああこの感じ、こんなアルバムを待ってたんだ、大好きな3rdアルバム『帰ってから歌いたくなってもいいようにとおもったのだ』を彷彿とさせるスタイル。


02. 接吻 Kiss(ORIGINAL LOVE)

物憂げな曲を歌わせたら、その雰囲気は随一のハナレグミがカバーするのにぴったりなミディアムバラード。わりと昔からカバーしているイメージある。

歌い慣れてる感じもでている。


03. 中央線(THE BOOM)

hana-uta fes.でも歌っていたはず(聴けてないけど)長い事歌っているカバー。

この歌の歌詞は、なんとなくハナレグミに似ている感じがする。原曲ももちろん好きだけど、このやさしい弾き語りカバーも好きだ。特に中央線とはゆかりのふかいハナレグミだからこそ余計ぐっとくる。


04. いっそ セレナーデ(井上陽水)

なかなかにアダルトな雰囲気ただようアレンジ。ムードを感じさせる。


05. 空に星があるように(荒木一郎)

スティールパンがロマンティックなアレンジ。正直ここまでの5曲でゆっくり気持ちよく眠りにつける気がするくらいしっとりゆっくりな構成。




06. オリビアを聴きながら(杏里)

この曲のカバーを歌っているのは知ってた。ラジオでも聴いた事あったし。でも、ここまでの流れ上、ギター弾き語りだろうと勝手におもってた。勝手に。

そして裏切られた、信じられないくらいにアップテンポ、というかスカだ。そりゃそーだ東京スカパラダイスオーケストラと一緒にやってるんだもん。



ただ一言、『最高だ。』この曲ほど、屋外のライブ会場で聴きたい曲は無い。


07. プカプカ(西岡恭蔵)

こんな歌い方もできるんだなぁと結構感心した一曲。ハナレグミのカバーは、よくも悪くも歌詞がハナレグミ色にそまる傾向があるよなーとおもっていたけど、この曲はいい意味で歌詞とハナレの声が別物として存在している感じがする。

このミスマッチ感が新鮮で好きだ。これもライブだとだいぶ踊れそうな一曲。ソロパートとかも楽しみ。


08. いいじゃないの幸せならば(佐良直美)

また弾き語りアレンジにもどってしっとり聴かせる曲。

オリビアなんかもそうだけど、こういう女性視点の歌詞が結構はまるから、もっと歌ったらいいのになーとおもう。


09. ウイスキーが、お好きでしょ(SAYURI)

菅野美穂が天使みたいな角ハイボールのCMでかかっているおなじみの曲。でだしの『ウィスキー』のところでもう鳥肌たつ。そんで、それにつづくウッドベースでさらにゾクゾクする。

好きです、ウィスキー。好きです、ハナレグミ。




10. ラブリー(小沢健二)

冒頭のブルースな語りに毎回にやにやさせられる。そしてその後のファンキーなグルーヴが最高。ギターのリフ聴いてると、そのまま『Wake Upしてください』に入れそうな気もする。

ブギーバックとか、いちょう並木のセレナーデとか、ハナレグミのいろんなオザケンカバーを聴いてきたけど、こんなに挑戦的なカバーは初めて。もちろん、マダムギター(長見順)の存在も大きい。

これはライブのハイライトになること間違いないなー。


11. エイリアンズ(キリンジ)

スペーシー枠の一曲。ハナレのアルバムにはたいがいこういうスペーシーな曲がはいっている気がする。

深いところにおちていくような感覚がここちよくて癖になる一曲。


12. 多摩蘭坂(RCサクセション)

縁のふかい忌野清志郎さんのバンド、RCサクセションのカバー。一曲はあるだろうなーとおもっていたけど、この一曲でした。

清志郎さんが弾き語りで歌っている映像をみたことがあるけど、その曲とそっくりだった。結構いろんなカバーに挑戦している感じがするアルバムだったけど、最後は直球勝負できたのかなーって感じがした。

すごくよかった。


きょうのごほうび

・歌い継がれるから、歌は何度でも蘇る

歌は歌わないと古くなってしまうといっていたのは、トータス松本さんでした。このアルバムをきいて、僕はそれを確信しました。

どんなに昔につくられた歌でも、歌い継がれる事によって歌は永遠の命を手に入れ、何度でも蘇るのです。

今回のカバーは弾き語りというオーソドックスなスタイルもありつつ、オリビアやラブリーのように、そんな崩し方ありかーという曲もかなりありました。

こうやってあらたな息吹をふきこまれることによって、歌の価値ってさらにたかまっていくんだなーって実感させられた、そんな感じです。

いやー、ライブいきたいぜー。

ちゃお!





style="display:inline-block;width:336px;height:280px"
data-ad-client="ca-pub-4210636571126027"
data-ad-slot="3949766933">

スポンサードリンク

track feed Peanut Butter and Jelly

関連記事

[ART] 「レオ・レオニ 絵本のしごと」展にみたレオニの哲学

子どもの頃からたくさんの絵本にふれて育ったわっと(@WatOno)です、どーも。

記事を読む

[ART] マレーシアの街に遊び心を吹き込むストリートアート

遊びごころのある絵をえがけるひとを本当に尊敬してますわっと(@WatOno)です。 ERN

記事を読む

[PHOTO] 大河ドラマ「八重の桜」写真展でハービー山口さんの希望にあふれた写真をみてきた!

少し前ですが、NHKスタジオパークにいってきました、わっと(@WatOno)です。どーも。

記事を読む

no image

[Music] 2017年版 終わりゆく夏を惜しんで10曲

夏は終わって言って悲しい限り。 その終わりゆく夏を惜しんで聴きたい曲をプレイリストにしてみた。

記事を読む

[Music] 2016年下半期にグッときた俺的名曲10選

またこの時期がやってきたので、今年の下半期に聴いた好きな曲をあげていこうと思う。 この

記事を読む

[映画] 台湾の淡い一夜を描いた「台北の朝、僕は恋をする」を観た

photo credit: komehachi888 via photo pin cc[/capt

記事を読む

[Music] 台湾のハナレグミ、クラウド・ルーが日本でもデビューしてたから聞いてくれ

先日台湾旅行から帰国したばかりのわっと(@WatOno)です。どーも。 僕が台湾を

記事を読む

星野源のSnow Menがエロオヤジ感出ててかっこいい – 日刊わっと 1586

2015年9月13日(日) 資生堂マキアージュ「スノービューティーⅡ」の発売を記念して

記事を読む

Toy Story woody

[動画] 実写版トイ・ストーリーが驚愕のクオリティだった!

photo credit: Arnau Amengual "Moreno" via photopi

記事を読む

[Music] 戦う若手サラリーマンたちに贈る!そっと肩を押してくれる珠玉の名曲リスト

photo credit: danorbit. via photo pin cc[/caption

記事を読む

track feed Peanut Butter and Jelly

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です



  • わっと ( @WatOno )
    東京生まれ 南カリフォルニア育ち、神戸、伊豆を経て現在は東京在住。84年生まれ/輸入コーディネーター。

    詳しく
no image
[Music] 2017年版 終わりゆく夏を惜しんで10曲

夏は終わって言って悲しい限り。 その終わりゆく夏を惜しんで聴きた

no image
バスケットボール界の亀田兄弟?ロンゾ・ボールとレイカーズの未来

ここ最近ひたすらバスケットボール界を賑わしている、ボール兄弟。

no image
33歳になりました。

今年も誕生日がやってきてまた1つ歳をとった。意外だったけどロシアで過ご

no image
[Music] 2017年上半期にグッときた俺的名曲10選

今年の上半期に聴いた好きな曲をあげてきます。 リストを作

[NBA] マジック・ジョンソンが球団社長に就任。LAレイカーズに今何が起こっているのか。

シーズン序盤の好調な出だしもどこへやら。とうとう西カンファレン

→もっと見る

track feed Peanut Butter and Jelly
PAGE TOP ↑