*

[Music] ヒップホップに愛を、ラップを聴くならCOMMONがオススメ!

公開日: : アート, 音楽 ,

photo credit: Erik Daniel Drost via photopin cc

photo credit: Erik Daniel Drost via photopin cc



最近ミドルスクールから00年代初頭ぐらいのヒップホップを再び聴いてます、わっと(@WatOno)です。どーも。

英語のラップは、歌詞も聴き取りづらいしみんな怖そうだし、聴いてるお兄さんたちも怖そうだしなんだかとっつきにくいなーという方に、ちょっと聴きやすい?かもしれない、ラッパーCOMMONをご紹介します。

Home : Common
知性を感じさせるラッパーCOMMON

ラップ特有の「悪そうな奴は大体友達」とか「ストリート育ちで俺のギャングが」みたいな、強面の曲もありますが、COMMONの最たる特徴は、めろめろなラブソングがあったり、ちょっと知的なメタファーを使ってる所が魅力です。

スポンサードリンク



永遠の名曲「The Light」

COMMONのラブソングといえばこれというぐらいの名曲。Bobby Caldwellの名曲を大胆にサンプリングしてることでも有名です。

「ふたりの運命のピッチをあわせよう」とか「俺の女とか彼女なんて呼び方はしないぜ、名前にすごい意味があるし、君にはもっと意味がある」っていう歌詞が素敵です。



ビデオもとってもかわいい「Come Close」

NeptunesプロデュースのラブソングCome Close。ビデオが歌詞をなぞりながら、Commonが紙芝居をするというこれまたにくい演出。最後にはロマンティックなエンディングが待ってます。




革命を高々と宣言する「The Sixth Sense」

Commonは名プロデューサーに恵まれていますが、中でもDJプレミアと組んでいる作品は群を抜いています。

ということで、このSixth Sense。歌詞の端々がヒップホップへの愛が感じられます。「どれだけの死んだ人たちを生き返らせたか、いくつの国に影響を与えたか」とかいろいろしびれる。




未来型ファンク「Ghetto Heaven」

Macy Greyのハスキーでどこか浮遊感のある声と心地よいトラックに、Commonのこぎみよいラップがのる名曲。でもこの袖無しニットはどうなんだろう・・・。




元カノErykahとの甘く切ないヒップホップ賛歌「Ode to HipHop」

Erykah Baduの曲への客演ですが、それが歌詞とも合わさって切ない一曲。

ラブソングみたいな構成だけど、実はヒップホップへの愛を語る曲。出会ったときの新鮮さ、その後どんどん商業的になっていくヒップホップを嘆きつつも、愛し続けると歌った曲です。Common自身の同じテーマの曲「I Used to Love H.E.R.」へのアンサーソングと言った感じ。

若いころは一番近くに感じていたヒップホップが、年を取るごとにどんどんビジネスになって離れていってしまうといった淋しさと二人の恋愛関係がかさなって胸が締め付けられます。




今日のごほうび

・COMMONは緩急自在な切り口が魅力
・ステレオタイプをこわせ

COMMONは、その言葉の選び方やテーマについて高い評価がされています。知的なもの、愛にあふれたもの、物事の真相をとらえたものなど、バラエティの豊富さも人気の理由でしょう。

ラッパーは、ネックレスをじゃらじゃらつけて、いかにもわるーい感じにしていなくても良いのだということを証明してくれているアーティストだとおもいます。

ちなみに、アメリカのオバマ大統領とも親交がふかかったり、テニスのセリーナ・ウイリアムスと付き合っていたこともあったり、交友関係も結構謎な感じです。

2013年にもアルバムリリースの予定があるようなので楽しみです!

ちゃお!



style="display:inline-block;width:336px;height:280px"
data-ad-client="ca-pub-4210636571126027"
data-ad-slot="3949766933">

スポンサードリンク

track feed Peanut Butter and Jelly

関連記事

[iPhoneアプリ] 毎日新たなアートと出会う!ART FINDERがおしゃれでおもしろい!

photo credit: pasukaru76 via photopin cc[/caption

記事を読む

[Life] 私はこれでmoleskineをやめました、2014手帳を公開します

手帳にうるさいわっと(@WatOno)です。どーも。 先日転職をしてからどうも今までの

記事を読む

[Life] 家庭にあるもので簡単にできちゃいそうなハロウィン仮装アイデア!

もうすぐハロウィンですね、みなさんは仮装されますか?お菓子たくさんもらえるなら積極的に仮装し

記事を読む

[PHOTO] 大河ドラマ「八重の桜」写真展でハービー山口さんの希望にあふれた写真をみてきた!

少し前ですが、NHKスタジオパークにいってきました、わっと(@WatOno)です。どーも。

記事を読む

[Music] 星野源 アルバム『Stranger』に詰め込まれた生きるということの全て

『人生の節目には必ずJ-POPがある』と高校生にして断言した友人をもつわっと(@WatO

記事を読む

[Photo] DJI OSMOはスタビライザー一体型の未来のビデオカメラ

GoProユーザーとしてここ最近スタビライザーの導入を検討していたのだけど、ここへ来てDJI

記事を読む

[ART]「ぐりとぐら展」は絵本ファン必見の展示になること間違いない

絵本好きなわっとです、どーも。 「ぐりとぐら」赤と青の服をきた野ねずみの絵本を読んだこ

記事を読む

[映画] 夏になったら観たくなる僕の大好きなサマームービー

photo credit: weegeebored via photopin cc[/captio

記事を読む

[PHOTO] 自分の使命について考える、ハービー・山口作品展「代官山17番地 ―写真家になる日―」を観てきた。

写真は撮るのも見るのも好きなわっと(@WatOno)です、どーも。 僕が好きな写真

記事を読む

[Web] 折りたたむだけで簡単にできるちっちゃな分身 Foldable.Me

かわいいおもちゃとか大好きなわっと(@WatOno)です。どーも。 Foldable.Meは、

記事を読む

track feed Peanut Butter and Jelly

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です



  • わっと ( @WatOno )
    東京生まれ 南カリフォルニア育ち、神戸、伊豆を経て現在は東京在住。84年生まれ/輸入コーディネーター。

    詳しく
no image
[Music] 2017年版 終わりゆく夏を惜しんで10曲

夏は終わって言って悲しい限り。 その終わりゆく夏を惜しんで聴きた

no image
バスケットボール界の亀田兄弟?ロンゾ・ボールとレイカーズの未来

ここ最近ひたすらバスケットボール界を賑わしている、ボール兄弟。

no image
33歳になりました。

今年も誕生日がやってきてまた1つ歳をとった。意外だったけどロシアで過ご

no image
[Music] 2017年上半期にグッときた俺的名曲10選

今年の上半期に聴いた好きな曲をあげてきます。 リストを作

[NBA] マジック・ジョンソンが球団社長に就任。LAレイカーズに今何が起こっているのか。

シーズン序盤の好調な出だしもどこへやら。とうとう西カンファレン

→もっと見る

track feed Peanut Butter and Jelly
PAGE TOP ↑