*

[Life] 人生の分かれ道の話をしよう

公開日: : アート, 私生活 ,

robert frost road

photo credit: noahg. via photopin cc



詩の世界について考えているわっと(@WatOno)です。どーも。

スポンサードリンク


分かれ道の話をしよう

アメリカのとっても有名な詩人にロバート・フロストという人がいます。アメリカの谷川俊太郎さんみたいな人、ちょっと違うかな。自然をテーマにした詩が多い事で有名なフロストですが、中でも一番有名な詩が分かれ道に関する詩です。

The road not taken
                 
 Two roads diverged in a yellow wood,
 And sorry I could not travel both
 And be one traveler, long I stood
 And looked down one as far as I could
 To where it bent in the undergrowth;

 Then took the other, as just as fair,
 And having perhaps the better claim,
 Because it was grassy and wanted wear;
 Though as for that the passing there
 Had worn them really about the same,

 And both that morning equally lay
 In leaves no step had trodden black.
 Oh, I kept the first for another day!
 Yet knowing how way leads on to way,

 I shall be telling this with a sigh
 Somewhere ages and ages hence:
 Two roads diverged in a wood, and I-
 I took the one less traveled by,
 And that has made all the difference.

           (Robert Frost, 1916)

  「歩む者のない道」

 黄色い森の中で道が二つに分かれていた
 残念だが両方の道を進むわけにはいかない
 一人で旅する私は、長い間そこにたたずみ
 一方の道の先を見透かそうとした
 その先は折れ、草むらの中に消えている

 それから、もう一方の道を歩み始めた
 一見同じようだがこちらの方がよさそうだ
 なぜならこちらは草ぼうぼうで
 誰かが通るのを待っていたから
 本当は二つとも同じようなものだったけれど

 あの朝、二つの道は同じように見えた
 枯葉の上には足跡一つ見えなかった
 あっちの道はまたの機会にしよう!
 でも、道が先へ先へとつながることを知る私は
 再び同じ道に戻ってくることはないだろうと思っていた

 いま深いためいきとともに私はこれを告げる
 ずっとずっと昔
 森の中で道が二つに分かれていた。そして私は…
 そして私は人があまり通っていない道を選んだ
 そのためにどんなに大きな違いができたことか
      (ロバート・フロスト,1916) 


The road not taken ロバート・フロスト
和訳はこちらのサイトから。100年近く前の詩です。

受け止め方はあなた次第

人がこれまで歩んでこなかった道を私は選んだ、そしてそれが未来に大きな違いとなって現れた。僕がこの詩を好きな理由は、このとてもわかりづらいエンディングにあります。

だれも歩いた事のない道をあえて選んできたからこそ、今の成功がある、と作者はいっているのか。

それともだれも歩いて来なかった道を選んだために、ひどい目にあった、周りと大きな差ができてしまった、と言っているのか。

全くわかりません。どちらにもとれるのです。


日々の選択を僕らは常に背負っている

人生において、一度選んだ道を引き返す事はできません。道についで道があらわれ、ただ進んでいくしか無いのです。

あのときの選択の結果がどちらに転ぼうとも、もうそれは済んだこと、よかったかもしれないし、最悪だったかもしれない。それでも前に進むしか僕たちにはできません。

しかし、それだけ重要な選択をしているのだということを認識することは、意味があります。人がこれまで通ってきた道を行くか、人がこれまで通らなかった道を行くか。

どちらを選んでも、道はあなただけのものなのです。

成功してもおごらず、失敗しても落胆しすぎず、ただひたすら前をみて進んでいきたいなと僕はおもいます。

ちゃお。


style="display:inline-block;width:336px;height:280px"
data-ad-client="ca-pub-4210636571126027"
data-ad-slot="3949766933">

スポンサードリンク

track feed Peanut Butter and Jelly

関連記事

[動画] 閲覧注意!命綱なしでクレーンからぶらさがる男のGoPro動画がやばい!

高い所はあんまり得意ではないわっと(@WatOno)です、どーも。 ジェームス・L

記事を読む

[ブログ] ネタがなく書く事に困ってしまったときに思い出したいこと

photo credit: -mrsraggle- via photo pin cc[/capti

記事を読む

[英語] みどりの窓口で外国人を助けるために必要な英単語

photo credit: Ian Lewis via photopin cc[/caption]

記事を読む

[Life] 雨の休日を家で幸せに過ごす14のアイデア

photo credit: garryknight via photopin cc[/captio

記事を読む

[Life] 日常はいつか非日常になり思い出になってしまうよ

flickrサーフィンしてたら、センチメンタルな気持ちになったわっと( @WatOno

記事を読む

[Beer] Yebisu Bar 銀座コリドー街店でチルな平日の夜を

エビスバーは各種ヱビスビールが楽しめるお気に入りのビアバー。 東京にクラフトビールを扱うビアバ

記事を読む

[Life] 30歳の約束ってちょっと憧れだった

「30歳になってもお互い独身だったら結婚しよう」とか「30歳の君の誕生日にフィレンツェのドゥ

記事を読む

[PHOTO] 自分の使命について考える、ハービー・山口作品展「代官山17番地 ―写真家になる日―」を観てきた。

写真は撮るのも見るのも好きなわっと(@WatOno)です、どーも。 僕が好きな写真

記事を読む

[映画] 台湾の淡い一夜を描いた「台北の朝、僕は恋をする」を観た

photo credit: komehachi888 via photo pin cc[/capt

記事を読む

[Beer] サッポロ黒ラベルTシャツが届いたぜー!

photo credit: MJ/TR (´・ω・) via photo pin cc[/capt

記事を読む

track feed Peanut Butter and Jelly

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です



  • わっと ( @WatOno )
    東京生まれ 南カリフォルニア育ち、神戸、伊豆を経て現在は東京在住。84年生まれ/輸入コーディネーター。

    詳しく
no image
[Music] 2017年版 終わりゆく夏を惜しんで10曲

夏は終わって言って悲しい限り。 その終わりゆく夏を惜しんで聴きた

no image
バスケットボール界の亀田兄弟?ロンゾ・ボールとレイカーズの未来

ここ最近ひたすらバスケットボール界を賑わしている、ボール兄弟。

no image
33歳になりました。

今年も誕生日がやってきてまた1つ歳をとった。意外だったけどロシアで過ご

no image
[Music] 2017年上半期にグッときた俺的名曲10選

今年の上半期に聴いた好きな曲をあげてきます。 リストを作

[NBA] マジック・ジョンソンが球団社長に就任。LAレイカーズに今何が起こっているのか。

シーズン序盤の好調な出だしもどこへやら。とうとう西カンファレン

→もっと見る

track feed Peanut Butter and Jelly
PAGE TOP ↑