*

[Sports] まだある!続バスケに関わる英語フレーズ10個紹介します

公開日: : スポーツ , ,

photo credit: cliff1066™ via photopin cc



スポーツの中では、見るのもやるのもやっぱりバスケが一番好きなわっと(@WatOno)です。どーも。

先日、バスケに関する英語フレーズを紹介したのですが、まだまだ紹介したりなかったので、今回さらに10個紹介します。

フレーズだったり、スラングだったり、いろいろありますが、いくつご存知ですか?

[Sports] いくつ知ってる?バスケに関わる英語フレーズ10個紹介します | Peanut Butter and Jelly
意外と好評だった前回の10フレーズ。

スポンサードリンク


1. Dish

直訳は「お皿」

これはアシストのこと。『メインディッシュ』という単語からもわかるように、この”Dish”には、食事という意味合いがある。

日本語でも、『ゴールをお膳立てする』とか『ごっつぁんゴール』みたいな言葉が、あるように意外とスポーツに食事の表現を使うことってあるんです。

美味しい料理を提供した、って表現して、最高のアシストだっていう意味合いにしたりもします。



2. Ankle Break

直訳は「足首を壊す(怪我する、骨折する)」

クロスオーバードリブルで相手を抜き去ること。

おもいっきりフェイントで外されて、ディフェンスの足首骨折しちゃいそう!ってところからきている模様。

ディフェンダーとして、Ankle Breakされるのはかなりの屈辱。でもガードはしょうがないんだよね、速い選手多いから。

ぼくらの世代でAnkle Breakの代名詞といえば、アレン・アイバーソン。なかでも、アレンがジョーダンを外したクロスオーバーは伝説。



3. All Day

photo credit: ryan_fung via photopin cc



直訳は「一日中」

これは挑発文句でもある。「一日中できるぜ」「毎回やってやるぜ」っていうニュアンス。

得意なシュートを決めた後に、”All Day!”というと相手は警戒する。こいつこの角度得意なのか、と。ひとつの作戦としても使えます。


4. School

直訳は「学校」

教えてやった、勉強させてやった、という意味合いで使う。基本的にドリブルで抜き去りそのままシュートを決められるとSchoolされたことになる。

ドリブル突破からシュートを決めたとき、”Took you to school!”というと、「ぶち抜いてやったぜ」といったニュアンスになる。

“Schooled”と受動態にすれば、ドリブルで抜かれた、シュートを決められたという意味に。やられたディフェンダーは”Schooled”

たとえ学生でも、Schooledされることは恥。ディフェンスを磨こう。


5. In Your Face

直訳は「顔に」

これもわりと挑発的なフレーズのひとつ。ディフェンスの上からシュートをきめたり、ダンクをきめたりしたときにいうフレーズ。

本気でブロックにきた相手の上から見事にシュートを決めて、「お前の目の前で決めてやったぜ」的なニュアンスで力強く発する。

古典的なフレーズだけど、やられると最高にむかつく。


6. Hops

直訳は「ひょいと跳ぶ」

ジャンプ力のこと。使い方としては、”You got hops!”とか”He’s got hops!”とかすんごいジャンプ力をもった選手を誉め称えるときに使う。

似たようなフレーズで、”Jumps out of the building”(建物から飛び出ちゃう)っていうのもある。

サッカーで快足の選手がすっごくほめられるように、バスケではジャンプ力が基本的な身体能力の中で特に重要視される傾向にある。


7. Hole

直訳は「穴」

ゴール、ゴール下のこと。”Take it to the hole”で「ドリブルでゴールへ切り込め!」という意味になる。

外からシュートばっかり打ってる選手に対して、”Take it to the hole”というコーチは多い。ゴールに近い方がシュート成功率があがるし、ファウルも誘因できるので。


8. Swat

直訳は「叩く」

ブロックショットのこと。力一杯叩き返すといった感じでとてもわかりやすい。

味方の選手がブロックを決めたら”Swat!”と叫んで、相手をいらつかせたりします。

スラムダンクでいうところの「はえ叩き」と似たイメージ。


9. Clutch Shooter

直訳は「危機シューター」

Clutchという単語を『危機』という意味合いで使うのは主にアメリカ英語特有の使い方。

Clutchというと、試合を左右するような重要な場面、特に負けていてここで決めないと追いつけない、勝てないというような状況をさす。

こういう状況でシュートを決められるのが、Clutch Shooterというわけです。

ちなみに、NBAのロゴにもなった元レイカーズのジェリー・ウェストのニックネームは、「Mr.Clutch」


10.And 1

photo credit: kikfoto via photopin cc



直訳は「加えて1」

カウントワンスローのこと。「(シュートもはいって)+1スローだぜー」というニュアンス。

バスケットボールグッズメーカーとしても有名なAnd 1もここから名前をとっている。

ファウルをされながらもシュートを決めたら、ドヤ顔で”And 1″と言い放ちましょう。


まとめ

今回は、いかがでしたでしょうか?

前回と似たような意味でも、違ったフレーズが出てきてあれ?っておもわれた方もいるとおもいますが、そうなんです実は同じ意味でもたくさんスラングはあるのです。アシストのことを、”Drop the Dime”といったり”Dish”といったり。

それだけバラエティー豊富なのも、文化として根付いている証拠なのでしょうね。

今回は、少し挑発的なフレーズも含まれています。バスケでは、トラッシュトークといって相手選手をいらつかせる「しゃべり」をするのもゲームの一部といわれています。(やりすぎると注意されたり、退場処分になるけど)

上手につかって、試合を優位に進めましょう!

ちゃお!



style="display:inline-block;width:336px;height:280px"
data-ad-client="ca-pub-4210636571126027"
data-ad-slot="3949766933">

スポンサードリンク

track feed Peanut Butter and Jelly

関連記事

神と呼ばれたバスケットボール選手 – 日刊わっと 1394

2015年3月6日(金) 2015年2月、NBAブルックリンネッツとマイアミヒートとの

記事を読む

[Sports] 世界一のバスケットボールチームHarlem Globetrottersを君は知っているか?

photo credit: Finizio via photopin cc[/caption]

記事を読む

[NBA] コービー・ブライアントが僕らに教えてくれた13のこと

レイカーズファンのわっと(@WatOno)です。どーも。 ロスアンジェルス・レイカ

記事を読む

[英語] リスニング力を鍛えるなら好きなテーマのポッドキャストを聴くべき

通勤の時間中はだいたいポッドキャストを聞いている。日本語のものも聞くけど、日々更新される英語

記事を読む

[NBA] ステフ・カリーという次世代スターアスリート

GSウォーリーアーズの開幕連勝記録は24で止まってしまったものの、今シーズンのステフ・カリーの成

記事を読む

[NBA] コービーブライアントの栄光の17年間をスローモーションで! #Lakersjp

photo credit: Keith Allison via photopin cc[/capt

記事を読む

精神的葛藤にことごとく打ち勝つからこそ「走る」ことはこんなにも楽しい – 日刊わっと 1349

2015年1月20日(火) 仕事終わりに部屋で少し休んでからジムに向かう。昨日も走ったけれど、

記事を読む

アメフトの控え選手が全米の注目を浴びる理由

アメリカンフットボールのプロリーグ、NFLのシーズンが始まりましたが、今一番注目されているの

記事を読む

lakers, staple center

[NBA] ショータイムバスケットボールの祖 ジェリーバス氏が永眠

photo credit: prayitno via photopin cc[/caption]

記事を読む

[メディア] 銀メダルおめでとう!世界に愛されたなでしこJAPAN!

photo credit: marfis75 via photo pin cc[/caption]

記事を読む

track feed Peanut Butter and Jelly

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です



  • わっと ( @WatOno )
    東京生まれ 南カリフォルニア育ち、神戸、伊豆を経て現在は東京在住。84年生まれ/輸入コーディネーター。

    詳しく
no image
バスケットボール界の亀田兄弟?ロンゾ・ボールとレイカーズの未来

ここ最近ひたすらバスケットボール界を賑わしている、ボール兄弟。

no image
33歳になりました。

今年も誕生日がやってきてまた1つ歳をとった。意外だったけどロシアで過ご

no image
[Music] 2017年上半期にグッときた俺的名曲10選

今年の上半期に聴いた好きな曲をあげてきます。 リストを作

[NBA] マジック・ジョンソンが球団社長に就任。LAレイカーズに今何が起こっているのか。

シーズン序盤の好調な出だしもどこへやら。とうとう西カンファレン

[ロシア] シャワーが大暴れするロシアのホテル

もうロシアに来るようになって3年が経つけれど、あいかわらずこれ

→もっと見る

track feed Peanut Butter and Jelly
PAGE TOP ↑