*

[Music] 戦う若手サラリーマンたちに贈る!そっと肩を押してくれる珠玉の名曲リスト

公開日: : アート, 私生活, 音楽

photo credit: danorbit. via photo pin cc


音楽の力を信じているわっと(@WatOno)です。どーも。

社会人になると、生活環境も人間関係もすんごく変わって、なかなかにストレスを感じますよね。忙しい毎日の中で、ふと、このままでいいのかなって思ったり、理由も無い不安に教われたり。深夜、真っ暗な帰り道を歩きながら、思わず大きなため息をしてしまった経験、僕にもあります。

そういう方におすすめする曲を今回はご紹介いたします。不安をぬぐってくれたり、すっごく元気になれる!というわけではないですが、気持ちを楽にしてますよ。

スポンサードリンク



あなたの肩を押す名曲たち


星野源 『日常』


インストバンドsakerockのリーダー、星野源のソロ作品。

夜を越えて 朝が生まれる
暗い部屋にも 光る何か


人というものを全面的に肯定しているけれど、ただ単純な応援ソングになっていないところがこの人の不思議な作詞能力。サラリーマンのみならず、一般的にあなたはあなた、みんなと同じでも、みんなと違ってもどちらでもいいんだよっていうポジティブなメッセージが、へこんだ心にしみます。


マダムギター 長見順 『サラリーマンのうた』


シンガーソングライターのマダムギター 長見順の2005年作品。

サラリーマンはいい人だ いつでもお金を稼ぐもの


歌詞はサラリーマンへの皮肉にもとれるけど、なぜかすんなりと受け入れられる。なんでこんなことしてんだろ、とか、仕事ってなんのためにするんだろって悩んだときに聴くといい意味で吹っ切れる作品です。もちろん、お金を稼ぐためだけに仕事してるわけではないけれど、稼がなきゃなかなか生活はできないわけで、そういう意味でも、働いてお金稼いでる君は素敵だよっていってくれてるように聴こえます。


上々颱風 『いつでも誰かが』


スタジオジブリの「平成たぬき合戦ぽんぽこ」のエンディングに楽曲。

いつでも誰かが きっとそばにいる
思い出しておくれ あの街の風を


社会人になって、単身で見知らぬ土地で働く人の応援歌。知り合いも全然いないような土地で毎日仕事におわれていると、心が弱くなったり、辛い気持ちになったりすることがありますが、そんなときに聴くと元気をもらえる曲。遠いところで応援してくれてる人がいるってことを思い出すだけでも、勇気になります。


ウルフルズ 『笑えれば』


ボーカル トータス松本主演の幻?のテレビドラマ 「ギンザの恋」のエンディングテーマ。

誰もが皆いつも 満たされない思いを
胸の奥に抱いたまま 歩き続けていく


最後にはすべてを笑えてしまえばいいけれど、そこまでいきつきにはあまりにもハードルが多すぎてくじけそうになるなんて日常茶飯事です。そんな中でまよってても、苦しくても、答えがでなくても、笑えばそれだけで少し楽になるよ、今日一日のおわりを少しでも軽い気持ちでおわろうよ、っていう曲です。トータスさんは、豪快なキャラクターで常にがははと笑っているイメージがありますが、詞自体はとても繊細でやさしい言葉づかいをしているものも多いのが特徴的。


まとめ

いかがでしたでしょうか。世の中にはサラリーマンの応援歌といわれる曲はたくさんありますが、たくさんあるがために、「頑張れ!」っていわれることに心が慣れすぎてしまっていて、何も感じなかったり、かえって負担にすら感じる事もあると思います。そんなときに、少し変わった角度から、そっと肩を押してくれるような曲を聴くと、リラックスできたり、気持ちが和らいだりするんじゃないかなって思うわけです。

忙しい日々の帰り道、ふとiPodから流れてきた曲に心が救われることってありますよね。みなさんのそういう曲はどんな曲ですか?

ちゃお!


style="display:inline-block;width:336px;height:280px"
data-ad-client="ca-pub-4210636571126027"
data-ad-slot="3949766933">

スポンサードリンク

track feed Peanut Butter and Jelly

関連記事

[ブログ] ネタがなく書く事に困ってしまったときに思い出したいこと

photo credit: -mrsraggle- via photo pin cc[/capti

記事を読む

airplane flight

[旅] 人生で初めて一人海外旅行して改めて感じた「言葉」のこと

昨日、台湾から無事に帰国いたしましたわっと(@WatOno)です。ニーハオ。 29

記事を読む

[Life] 日本食にテンションが上がったら

ロシアにいると日本食にありつける機会は少ない。 なので、たまに日本食を振りまわれるとテ

記事を読む

[Life] 東京は怖いとこ、電車通勤には危険がいっぱいだった

毎朝満員電車で通勤しているわっと(@WatOno)です。どーも。 たくさん人がいる分いろいろ

記事を読む

[Life] お仕事カラオケはなかなか選曲が難しいですよね

仕事柄?ってほどでもないけれど、近頃はプライベートで行くよりも、仕事でカラオケに行くことの方

記事を読む

[Music] 星野源 アルバム『Stranger』に詰め込まれた生きるということの全て

『人生の節目には必ずJ-POPがある』と高校生にして断言した友人をもつわっと(@WatO

記事を読む

[ART]「ぐりとぐら展」は絵本ファン必見の展示になること間違いない

絵本好きなわっとです、どーも。 「ぐりとぐら」赤と青の服をきた野ねずみの絵本を読んだこ

記事を読む

「らしく」あるために進化し続けるということ – 日刊わっと 1538

professional-retro-microphone--dj-headphones-’ b

記事を読む

[Life] 我が家の家選び、理想と現実は結構違ったけどそれで満足

今住んでいる世田谷区の家から引っ越しを考えている。 考えているというか、次の物件も見つ

記事を読む

[品川] 移動派に嬉しい駅ナカらーめん!TOKYO豚骨BASE made by 博多一風堂 品川店

ラーメンマシーンなわっと(@WatOno)です、どーも。 ラーメンマシーンとはなんでしょう。

記事を読む

track feed Peanut Butter and Jelly

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です



  • わっと ( @WatOno )
    東京生まれ 南カリフォルニア育ち、神戸、伊豆を経て現在は東京在住。84年生まれ/輸入コーディネーター。

    詳しく
no image
[Music] 2017年版 終わりゆく夏を惜しんで10曲

夏は終わって言って悲しい限り。 その終わりゆく夏を惜しんで聴きた

no image
バスケットボール界の亀田兄弟?ロンゾ・ボールとレイカーズの未来

ここ最近ひたすらバスケットボール界を賑わしている、ボール兄弟。

no image
33歳になりました。

今年も誕生日がやってきてまた1つ歳をとった。意外だったけどロシアで過ご

no image
[Music] 2017年上半期にグッときた俺的名曲10選

今年の上半期に聴いた好きな曲をあげてきます。 リストを作

[NBA] マジック・ジョンソンが球団社長に就任。LAレイカーズに今何が起こっているのか。

シーズン序盤の好調な出だしもどこへやら。とうとう西カンファレン

→もっと見る

track feed Peanut Butter and Jelly
PAGE TOP ↑