*

[Music] くるりの「東京」にみる新たなる環境で覚悟を決めるということ

公開日: : 最終更新日:2014/10/03 アート, 音楽 , , ,

photo credit: Jun Takeuchi via photopin cc



新しい曲を聴く機会が減って、少しずつふるい曲ばかり聴くようになってきたわっと(@WatOno)です。どーも。

くるりは学生の頃から時折聴いてきたバンド。その中でなんとなく聴いてた「東京」を最近はわりとよく聴きます。結構古いのに。この歌に自分を重ねるところがあるのかもしれません。



今日はこの歌の意味についてもう少し考えてみました。

スポンサードリンク


どういう歌なのか

とある青年「僕」が上京してきたことを、「君」にたいして伝えるような独り語りの歌詞です。「君」と「僕」の関係はかなり離れているようで、過去のものもしくは、憧れに近いようにみえます。

君がいない事 君とうまく話せない事
君が素敵だった事 忘れてしまった事


東京 くるり 歌詞情報 – goo 音楽
歌詞はこちらで全文見られます。


都会でゆらぐ若者のアイデンティティ

この歌にでてくる「君」とは、主人公の地元もしくは以前属していたコミュニティを示しているものと私は考えています。地方から上京し、年月がたった主人公は、少しずつ薄れていく地元での記憶と未だに馴染めない東京/都会の空気の狭間でアイデンティティが不安定になっているのです。

以前いた場所の素敵だったところも忘れていってしまっている自分を自覚している。そんな人間の葛藤を描いています。


現状への反抗

都会のひとたちは「相変わらずわけの解らないこと言って」いるなど、主人公の都会にたいする抗いは、顕著に言葉になって現れています。

話は変わって今年の夏は暑くなさそう
相変わらず季節に敏感にいたい


上の一節には、クーラーが多く体感温度がコントロールされた都会の街とそういったものが少なく季節を肌で感じられる地方の対比が現れています。


順応しなくてはならないという苦悩

東京に抗いながらも、東京にいる主人公は、その街になんとかして順応しなくてはいけないとも思っています。

恥ずかしい事ないように見えますか


彼には都会で生きていかなくてはならない理由があり、そのために適用できているか不安になっているのです。


地盤無き若者たち


photo credit: Guwashi999 via photopin cc



人はコミュニティがかわると、以前のものを懐かしむ気持ち、現状に適用したいという気持ち、現状を受け入れたくないという気持ち、いろいろな気持ちがまざって非常に精神状態が不安定になりがちです。しかし、その苦悩の状態こそ、自分をみつめ直すチャンスでもあります。

主人公は歌のさいごで、地元への思いをよりどころに、都会での生活を続ける覚悟を決めます。

君がいるかな 君と上手く話せるかな
まぁいいか
でもすごくつらくなるんだろうな
君が素敵だった事 ちょっと思い出してみようかな


人は、過去をよりどころにしつつも、過去に逃げるのではなく、現在と向き合って生きていかなくてはなりません。この歌のしめくくりは、そういった強い覚悟をゆるい言葉づかいで包みこむように表現しているのです。


まとめ

いかがでしたでしょうか。くるりの歌は、常に考えさせられる事ばかりですが、今回は知恵を振り絞って解釈してみました。歌詞の意味を考える事は好きなので、今後もこういったものをつづけていければいいなって思います。意味わからん!これどーゆー意味だとおもう?という歌があったらぜひおしえてくださいね。

ちゃお!



style="display:inline-block;width:336px;height:280px"
data-ad-client="ca-pub-4210636571126027"
data-ad-slot="3949766933">

スポンサードリンク

track feed Peanut Butter and Jelly

関連記事

[映画] 2015年1月公開が楽しみな「ビッグアイズ」と「SELMA」

2015年の日本にいきたいわっとです、どーも。 こういう表現をするとタイムトラベル的に

記事を読む

[PHOTO] ネガもポジも全部スマートフォンで取り込めるフィルムスキャナーがほしいです!

サンデーフォトグラファーなわっと(@WatOno)です。どーも。 デジタルはとっても便

記事を読む

[動画] ニューヨークにアラジンと魔法のじゅうたん現る

ハロウィンは終わってやや経ちますが、渋谷で大騒ぎが行なわれている頃、ニューヨークでも大変なこ

記事を読む

[iPhone] Instagramだけで撮影されたウェディング写真がすごい

iPhoneで写真を撮る事が日課なわっと(@WatOno)です。どーも。 Kim. A

記事を読む

[Music] いますぐビーチにいきたくなる真夏のRip Slyme名曲5+1選!

夏生まれのわっと(@WatOno)です、どーも。 夏生まれは夏が好きなんてことをいった

記事を読む

[Music] 18年前のこと覚えていますか?「1995 J-POP」

84年生まれ、29歳のわっと(@WatOno)です。どーも。 18年前、1995年、阪

記事を読む

[Music] アリアナ・グランデのセリーヌ・ディオンのモノマネすごい好き

アメリカの有名深夜番組といえば、トゥナイトショーというのがあります。 コメディアンのホ

記事を読む

[金沢] 21世紀美術館で現代アートを体感する

昨日、レアンドロのプールについて取り上げたように、金沢にある21世紀美術館に行ってきました。

記事を読む

[ART] 「レオ・レオニ 絵本のしごと」展にみたレオニの哲学

子どもの頃からたくさんの絵本にふれて育ったわっと(@WatOno)です、どーも。

記事を読む

[ART]「ぐりとぐら展」は絵本ファン必見の展示になること間違いない

絵本好きなわっとです、どーも。 「ぐりとぐら」赤と青の服をきた野ねずみの絵本を読んだこ

記事を読む

track feed Peanut Butter and Jelly

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です



  • わっと ( @WatOno )
    東京生まれ 南カリフォルニア育ち、神戸、伊豆を経て現在は東京在住。84年生まれ/輸入コーディネーター。

    詳しく
no image
[Music] 2017年版 終わりゆく夏を惜しんで10曲

夏は終わって言って悲しい限り。 その終わりゆく夏を惜しんで聴きた

no image
バスケットボール界の亀田兄弟?ロンゾ・ボールとレイカーズの未来

ここ最近ひたすらバスケットボール界を賑わしている、ボール兄弟。

no image
33歳になりました。

今年も誕生日がやってきてまた1つ歳をとった。意外だったけどロシアで過ご

no image
[Music] 2017年上半期にグッときた俺的名曲10選

今年の上半期に聴いた好きな曲をあげてきます。 リストを作

[NBA] マジック・ジョンソンが球団社長に就任。LAレイカーズに今何が起こっているのか。

シーズン序盤の好調な出だしもどこへやら。とうとう西カンファレン

→もっと見る

track feed Peanut Butter and Jelly
PAGE TOP ↑