*

[PHOTO] 写真を撮るだけでなぜセルフ・ブランディングができるのか


「アスファルトは萌える」と公言してはばからないサンデー・フォトグラファーなわっと(@WatOno)です。どーも。

なにそれ気持ち悪い!とおっしゃらず、きょうは、アスファルトの良さを語りたいわけではないので、安心して読み進んでくださいね。

スポンサードリンク


アスファルトさいこー!



アスファルトはとにかく最高です。見てても、触ってても、キュンキュンします。特にひきたてのアスファルトは艶があっていいですね!生唾モノです!

と、アスファルトについて、あんなアスファルトが好き、こんなアスファルトもいいね!と語れるようになったのは、学生時代きちんと写真を撮ろうとデジタル一眼レフを買ってからです。別に幼少期から、アスファルトが好きなわけじゃなく。好きだったかもしれないけど。

学生時代から写真を撮るようになり、フォトウォーク(複数人のカメラ好きが集まって写真撮りながら散歩するイベント)に参加するようになりました。そうして溜まっていった作品の中から、自分が気に入った写真をならべていったら、とにかく灰色な写真ばっかりで、あれ?もしかして俺はアスファルト好きなのか?って思いだしたのです。

そう思いだしたらもう止まりません。おせっかいな同級生の『恋かも?って思いだしたら、それはもう恋だよ』発言みたいなことです。どんどん自分のアスファルト愛を認めるようになっていったのです。


写真は自分と向き合う機会



写真の世界では『被写体を通して自分を写す』といった表現があります。実際に良い写真には作者の人柄が写り込んでいるのを感じます。サンデーフォトグラファーなら、好きなものが撮れます。撮影していく中で自分が気に入ったなー、この絵好きだなーって思えるものは、作品が増えるに連れて顕著に現れてくるのです。ただ写真を撮ってるだけなのに、今まで気が付かなかった自分を知れる。これってすごい効果。楽しい自己分析。


「好き」を通して自分を知る



大事なのは「誰にも真似できない」という部分だ。人とは違うという部分だ。

あなたの好きな本やマンガを他のみんなも好きだと言っていたら、すこし焦ったほうがいい。あなたはどこにでもいるつまらない人間になろうとしている。あなたの打ち込んでいるゲームやギャンブルに他のみんなも打ち込んでいたら、すこし焦ったほうがいい。そのままでは、あなたはきっと何者にもなれない。

「ふつうの人には夢なんて無いんだよ」|デマこいてんじゃねえ!


先日バイラルになった記事に上記のような文節がありました。この記事がとりあげている問題は、もっとスケールが大きなもの。それでも、自分を知ることが大切、ということでは同じ。実際に自分が何が好きでどんな人間なのかってのは、考えるだけじゃなかなかわからない。でも、今の時代、自分という人間を確立しないとなかなか生きづらい。なので、実際に自分自身の感性に聞くことで自分を知ろう、と。

写真を撮ることが苦にならない、もともと好き、楽しめるというタイプのひとは、ただなんとなく良いなーと思ったものを撮るだけでなくて、自分が何が好きなのかを過去の作品から分析してみてはいかがでしょう?そこからあなた特有の個性につながるヒントがみつかるかも。そんなに写真撮らないんですけど、デジカメとかないし、という人ももちろん大丈夫。いまどきカメラのついてないスマフォなんてないじゃない。試しに気になったものを撮り続けてみてください。あなたの「好き」が、徐々に姿をあらわすでしょう!

あとはそれを公言するだけ。自身持っていいましょう。熱を持って語れるものがあると、自身をブランディングはしやすいのです。さあ、あなたの好きなアスファルトについて聞かせてください!

ちゃお!


style="display:inline-block;width:336px;height:280px"
data-ad-client="ca-pub-4210636571126027"
data-ad-slot="3949766933">

スポンサードリンク

track feed Peanut Butter and Jelly

関連記事

[Life] 理想のお客様に自分がなること

引っ越しが迫っており、いろんな業者さんに会う機会がある。 不動産屋さん、引っ越し業者さ

記事を読む

no image

[Life] 物語を生み出す方法

アメリカの高校に2年間通っていたけど、意外にも国語(英語)の授業が一番得意だった。 決

記事を読む

[Life] 喜ばれる結婚式プロフィールビデオ作りに欠かせない5つのポイント

photo credit: The Wedding Traveler via photopin c

記事を読む

[二子玉川] その話は温かいシナボンの後で聞こうか

自宅から交通の便もそんなに悪くないにアメリカンスイーツのファイナルウェポン的なシナボンができ

記事を読む

ted bear

[Movie] 世界一邪悪なクマさん『テッド』が日本でもようやく公開!

アメリカンコメディが好きなわっと(@WatOno)です。どーも。 テッドは、しゃべ

記事を読む

[映画] カリフォルニアワインをテーマにした「サイドウェイズ」をみた

photo credit: Julie, Dave & Family via photopin c

記事を読む

NHK

[動画] 石川啄木x枡野浩一 偉人の意外な一面を知れるシリーズ「石川くん」

photo credit: Nifky via photopin cc[/caption]

記事を読む

[映画] 狂った人たちの独特の間が生むエネルギー「地獄でなぜ悪い」

熱狂的な何かを感じたいわっと(@WatOno)です。どーも。 「つめたい熱帯魚」や「ヒ

記事を読む

[転職] 初めて転職活動をする上で知っておきたい5つの転職ルート

photo credit: Tax Credits via photopin cc[/captio

記事を読む

[Music] 名曲を無駄にさせたら天下一のレキシが好き

気がついたら、レキシのSHIKIBUばかり聴いている。特に映像が凄まじすぎるので、ついついY

記事を読む

track feed Peanut Butter and Jelly

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です



  • わっと ( @WatOno )
    東京生まれ 南カリフォルニア育ち、神戸、伊豆を経て現在は東京在住。84年生まれ/輸入コーディネーター。

    詳しく
no image
[Music] 2017年版 終わりゆく夏を惜しんで10曲

夏は終わって言って悲しい限り。 その終わりゆく夏を惜しんで聴きた

no image
バスケットボール界の亀田兄弟?ロンゾ・ボールとレイカーズの未来

ここ最近ひたすらバスケットボール界を賑わしている、ボール兄弟。

no image
33歳になりました。

今年も誕生日がやってきてまた1つ歳をとった。意外だったけどロシアで過ご

no image
[Music] 2017年上半期にグッときた俺的名曲10選

今年の上半期に聴いた好きな曲をあげてきます。 リストを作

[NBA] マジック・ジョンソンが球団社長に就任。LAレイカーズに今何が起こっているのか。

シーズン序盤の好調な出だしもどこへやら。とうとう西カンファレン

→もっと見る

track feed Peanut Butter and Jelly
PAGE TOP ↑