*

[映画] 台湾の淡い一夜を描いた「台北の朝、僕は恋をする」を観た

公開日: : 最終更新日:2012/11/20 アート, 私生活 , , , ,

photo credit: komehachi888 via photo pin cc


2010年公開(日本では2011年に公開)されたアーヴィン・チェン監督のベルリン国際映画祭最優秀アジア映画賞作品『台北の朝、僕は恋をする』(原題:一頁台北、Au Revoir Taipei)は、台北の街を舞台にした、優しい人達のちょっと不思議な恋愛映画。

アジア映画特有なゆるさをおびてて面白かった。

スポンサードリンク


あらすじ


台北に暮らすカイ(ジャック・ヤオ)の大好きな恋人がパリに留学してしまう。その日以降彼は、本屋にフランス語の本を読みに通うという寂しい日々を繰り返し過ごしている。恋人を想い、パリに電話をかけても、彼女はいつも出てくれない・・・。
本屋で働く、可愛く、でもどこか孤独な面影を持つ女の子、スージー(アンバー・クォ)は毎日やってくるカイが気になって仕方ない。どうしてもパリに行きたいカイは仕方なく地元のボスからお金を借りることにし、その条件として謎の小包を運ぶ、怪しげな仕事を受けることになった。そしてそれは、カイと偶然巻き込まれたスージーのコミカルでロマンティックな一夜の始まりだった・・・。
ストーリー|映画『台北の朝、僕は恋をする』公式HP


雑多な夜市の人ごみのなかや地下鉄の駅、コンビニなど、日本に似ていて、でもどこか不思議なエネルギーを感じる台北の街。その中をかけぬけていく登場人物たち。

淡々とすすんでいく物語の中で、淡くどこか懐かしい雰囲気を感じる映画。


キャスト


監督は、初監督短編作品の『MEI 美』でベルリン国際映画祭銀熊賞を受賞したアーヴィン・チェン監督。
たよりない主人公のカイを演じるのは、『MEI 美』にも出演したジャック・ヤオ。キュートな本屋の店員スージーを演じるのは、歌手としても人気の国民的スターのアンバー・クォ。


アンバー・クォは、宮崎あおいをあっさりさせた感じ。はにかみ笑顔がかわいい。



雑さも含めて雰囲気

この映画の良さは、全体におびるゆるい空気感と雰囲気。いきなり現れる女の子、気が付けば気がかわっている主人公。基本的な心理描写が荒いので、ぬけおちた部分を想像で補完していきながら観ないといまいち理解できません。ストーリーを割愛してテンポをあげる、というわけではなく、割愛してる割りには、お話は最後までのんびりとしたペース。

でも、そののんびり加減が、なんとも心地よい、不思議な空気感をもつ映画です。


優しい男の子ともっと優しい女の子

登場するすべての男性キャラクターが、どこか間の抜けたやさしい人たち。すぐに思考が横道にそれる悪者とか、好きな女の子を誘えない若者とか、後輩にはいきがってても、彼女に去られてショックを隠せない青年とか。とにかく気が優しくて、まのぬけた男の子ばっかり。年齢に関係なく、少年ってかんじのキャラクターだらけ。

それに反して、女性キャラクターたちは、みな賢くて、アクティブで、それでいて目の前の気が弱くて頼りない男の子たちを黙って見守っていてくれるという天使具合。ほんと天使。
なんというか、男の子との距離のとり方がうますぎて、惚れてまうやろー状態。
女性キャラクターたちが作品の雰囲気を作ってくれてるなーって感じがします。


台北にいってみたくなる

これでもかっていうぐらいに、夜の台北の街をカラフルで魅力いっぱいに映した作品で、旅行好きにはたまらない。夜市も大定番の士林夜市ではなく、少し規模の小さい師大夜市をロケ地とするなど、等身大の台北を美しく表現しているところが見どころ。

ドキドキやハラハラはないので、映画として物足りなく感じる人も多いでしょうが、日常のささいな出来事を大切にしたゆるーい作品が好きな方におすすめの映画です。

ちゃお!



style="display:inline-block;width:336px;height:280px"
data-ad-client="ca-pub-4210636571126027"
data-ad-slot="3949766933">

スポンサードリンク

track feed Peanut Butter and Jelly

関連記事

[Life] 与えられるだけで満足できるのか

新天地で毎日挑戦の連続なわっと(@WatOno)です。どーも。 新しい環境は刺激が多くて、改

記事を読む

[Life] 「アナと雪の女王」もあるよ 手軽に作れるハロウィンコスチュームアイデア

ハロウィンが迫ってますね、キャンディ好きなわっとです、どーも。 日本でも毎年仮装に熱が

記事を読む

[渋谷] 懐かしすぎる!NHKスタジオパークにいってきた!

教育テレビの斬新さが好きなわっと(@WatOno)です。どーも。 渋谷にあるNHK

記事を読む

[映画] 2015年1月公開が楽しみな「ビッグアイズ」と「SELMA」

2015年の日本にいきたいわっとです、どーも。 こういう表現をするとタイムトラベル的に

記事を読む

[ライフログ] 初詣でひいたおみくじをライフログとしてとっておく

もう初詣はいきましたか?今年も微妙なおみくじひいたわっと(@WatOno)です。どーも。 毎

記事を読む

[旅] メキシコ・カンクンへ!新婚旅行の手配方法とか公開していきます

ウノ、ドス、トレス、わっとです、どーも。 入籍、披露宴ときたら、「旅行は?どこいくの?

記事を読む

[ロシア] あともう一歩が足りないロシアのホテル

帰国致しましたわっとです、どーも。 ここ最近はすっかりロシア滞在ネタばかりで誰得感満載になりつ

記事を読む

[Life] 誰も教えてくれない本当に働きたい会社で働くためのコツ

photo credit: Unhindered by Talent via photopin c

記事を読む

[本] 芥川賞作家 柴崎友香の隠れた名作「エブリバディ・ラブス・サンシャイン」がすごく好きなんです

わっとです、どーも。 何も無いけどなにかある、人々の日常を小説にする柴崎友香さんが四回

記事を読む

[映画] ファンなら常識!?小ネタで楽しむトイ・ストーリー2!

photo credit: Nerea Marta via photo pin cc[/capti

記事を読む

track feed Peanut Butter and Jelly

Comment

  1. […] Shareできるものがさらに増えた! もともとは写真共有アプリとしてスタートしたPath。その後、ライフジャーナルとしてピボットして、音楽やら位置情報やらもシェアできるようになりましたが、今回のアップデートではさらに、映画と本がシェアできるようになりました。 いずれもiTunes Storeから情報をひっぱってきてるのかな?音楽と同様に少し検索にとまどったりもしますが、なかなか楽しい機能です。先日みた台湾映画もさっそくシェアしてみました。 […]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です



  • わっと ( @WatOno )
    東京生まれ 南カリフォルニア育ち、神戸、伊豆を経て現在は東京在住。84年生まれ/輸入コーディネーター。

    詳しく
no image
[Music] 2017年版 終わりゆく夏を惜しんで10曲

夏は終わって言って悲しい限り。 その終わりゆく夏を惜しんで聴きた

no image
バスケットボール界の亀田兄弟?ロンゾ・ボールとレイカーズの未来

ここ最近ひたすらバスケットボール界を賑わしている、ボール兄弟。

no image
33歳になりました。

今年も誕生日がやってきてまた1つ歳をとった。意外だったけどロシアで過ご

no image
[Music] 2017年上半期にグッときた俺的名曲10選

今年の上半期に聴いた好きな曲をあげてきます。 リストを作

[NBA] マジック・ジョンソンが球団社長に就任。LAレイカーズに今何が起こっているのか。

シーズン序盤の好調な出だしもどこへやら。とうとう西カンファレン

→もっと見る

track feed Peanut Butter and Jelly
PAGE TOP ↑